アドレスV125Sディスチャージポンプ交換

バイク

ディスチャージポンプ交換したいけど

できるかしら

こんな不安を解決します。


走行中に一瞬スピードが落ちるようになり、たまに走りはじめにエンスト、しだいに信号待ちでエンスト、ついにエンジンがからなくなり、ディスチャージポンプの交換をします。


アドレスV125Sでこんな不調で交換される方に、ぜひ参考にしてほしい内容です。

アドレスV125Sのディスチャージポンプの交換手順をどこよりも「かんたん」に解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク

道具と時間

アドレスV125Sディスチャージポンプ交換に必要な道具

必要な道具


・10mm、5mm首振りソケットと、ひとくくりにしましたが、ソケットシステムをご存じない方へ一覧を紹介。

どんなに防いでもガソリンが少しなりとも漏れるので、電動工具は使いません。



作業時間は1時間
道具をそろえながらするともっとかかるかも。

でも一つ一つはそれほど難しい作業ではありません。



スポンサーリンク

ディスチャージポンプ交換手順

アドレスV125Sディスチャージポンプ交換でまずメットインを外す

まずはシートを外します。
外すネジは、6角の5mm x1と、10mm x3、それにプラスの2番 x4カ所。
燃料キャップも外します。

アドレスV125Sディスチャージポンプ交換でまずメットインを外すときにきつい燃料コックのゴム

燃料口がゴムで囲まれていて外しづらいですが、燃料口がある状態でゴムが外れないので、そのままゆっくりと持ち上げます。

アドレスV125Sディスチャージポンプ交換でまずメットインを外した後にシートヒーターのコネクタを外す

シートが外れると、自動的にオーバーフローホースが外れ、アドレスV125Sリミテッドの場合は、シートヒーター線のコネクタを外します。

アドレスV125Sディスチャージポンプのメットインを外した時にどこにあるか

さあ問題のディスチャージポンプが見えてきました。
初めて見ると、訳の分からない装置、ホースの流れで気持ちが砕けそうになりますが、一つ一つ手順を追っていくので問題ありません。

アドレスV125Sディスチャージポンプはホースを外すとガソリンが漏れ出す

ディスチャージポンプは、そのままホースを抜くとガソリンがダダもれです。
しかも2カ所から。

なのですぐに結束バンドで縛る方もいますが、周辺にガソリンをまき散らすことになるので、抜く前に締めておきます。

もちろんガソリンを抜いてもいいのですが、どこの移すのかとか、最後まで抜ききれない問題もあるので、この方法が一番良いはずです。

アドレスV125Sディスチャージポンプはホースを外すとガソリンが漏れ出すのでホースを挟んでおく

使うのはロッキングプライヤー、またの名をグリッププライヤー。
好きな厚みで握って、その状態でロックする優れもの。

使ったことのない方はぜひ、お試しあれ。
工具箱に入れておくと必ず助けてもらえます。

今回はロングノーズタイプと、スズメタイプ(←勝手に命名)
ロングノーズは口がそのままホースを挟んで程よい形なのですが、スズメタイプはくわえにくいので、四角の座を間に挟みます。

アドレスV125Sディスチャージポンプはホースを止めるバンドを回転させる

こちらの押さえリングはつまみが裏側にあり、このままではペンチで挟めないのでマイナスドライバーと指で何とか挟みつつ、挟みやすい角度まで回してやります。

ドキドキしならがらガソリンホースを2つ外します。

アドレスV125Sディスチャージポンプにつながるコネクタを外す

青いコネクタも外しますが、これが固い。
写真のドライバー先を押し込むと爪が外れる仕組みですが、めっぽう固い。
プラスチックを割らないように、だましだまし外します。

アドレスV125Sディスチャージポンプのボルトを外すのに外装が当たるために必要なねじ類

いよいよ本体を外しますが、このままでは六角を回しづらいので、外装を少し外します。
プッシュリベットは中央を細いマイナスドライバーで押し込んでやれば、すっと外れます。

アドレスV125Sディスチャージポンプのボルトを外すための外装をとめるプッシュリベット
戻すときは?

もとに戻すときは、頭を引きだすと、すぼんで入るようになります。
引き抜くのではなく、引き出した状態で、外装の穴に入れ込んで、頭を指の腹で押し込んでロック。



アドレスV125Sディスチャージポンプのボルトを6角5mmと首振りで外す

それでもまっすぐでは難しいので、首振りを使って六角5mm頭を緩めて外します。




長さは2本違うので、戻すときに注意。

アドレスV125Sディスチャージポンプのボルトは長さが違う



アドレスV125Sディスチャージポンプを外したところ

外れました。


アドレスV125Sディスチャージポンプのさらに本体をケースから外す

さらにディスチャージポンプの大元を外します。
写真のように少し回転させて、Cの字の右へ倒すようにすれば、下もスポッと抜けます。

アドレスV125Sディスチャージポンプを外した先の汚れを取る

新しいのに差し替えて、噴出先のリングを取り、クリーナーで洗浄してから、こちらも新しいのに替えてやります。

クレのキャブクリーナーではダメだったキャブの穴つまりが、これでは取れました。
ムースが効きます。


リングに付くゴムは裏側(写真で奥側)ですね。

アドレスV125Sディスチャージポンプを外した先に付けるインジェクターとOリング
品番は15715-32G00と09280-16014



さっき外すのに苦労したコネクタは、コンタクトスプレーを吹いておきます。
もちろんゴム、プラスチックOKです。

一度知るともう手放せなくなるものの一つ。



まとめ

後は元に戻せば完了です。


思ったほど難しい作業ではなかったはず。

調子が悪いと感じたら、ちょっと高いですがパーツのあるうちに交換しておきましょう。
バイク屋にお願いすると、さらに工賃もかかりますから。

Amazonでの販売はないようです。

ディスチャージポンプの噴出先のインジェクターと、そのOリングも楽天のショップで扱っているので、一緒に買って交換がおすすめ。
他のお店だと送料が別にかかってしまいますからね。

この2つ合わせて1000円もしません。

アドレスV125Sディスチャージポンプを外した先に付けるインジェクターとOリング

品番は
15715-32G00
09280-16014

バイク
スポンサーリンク
kaiteki.blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました