IKEAのTRÅDFRIとGoogle HomeとAmazon Echoの5つの関係図

TRADFRIとGoogleHomeとAmazonEchoIT

IKEAのスマート照明とGoogle Homeなどの関係を図にまとめてみた。

IKEAのスマート照明とIKEAのリモコン、それにIKEAのゲートウェイ、Goolge home(Googleのスマートスピーカー)などがどのようにつながって、どういったアプリで動いているのか。
分りづらかったのでまとめてみました。

スマート照明相関図




スポンサーリンク

凡例の色

相関図凡例

IKEAとGoogle、Amazon、それにその他の製品で色別にしています。



スポンサーリンク

ネットワーク種類

相関図ネットワーク

IKEAのスマート照明で電球とリモコン、それにセンサーを使うときは、ZigBeeという規格を使います。

ZigBee(ジグビー)とは無線の規格の1つで、特徴は消費電力が少なく、飛距離が短く、速度が遅いです。
有名なBluetoothの仲間です。

WiFiはよく知れた無線LANですよね。

IKEA以外の商品、例えばスマホやスマートスピーカーとつなぐときに初めてWiFiが必要になってきます。


スポンサーリンク

1.IKEAの電球と、リモコンもしくはセンサーの関係

相関図IKEA照明内

無線規格は、すべてZigBeeで完結します。

IKEAのスマート照明は、電球を最大10個までリンクをして同時に操作が可能です。ここで注意したいのが、電球のそれぞれ個別に操作はできません、グループとして同に操作しかできません。

できることは
リモコンが電球のON/OFF、調光(明るさの調整)、調色(色の調整)です。
センサーは人感センサーで人の動きを感知して電球がONになります。
詳細はこちらの記事をご覧ください。



スポンサーリンク

2.IKEAの電球とスマホの関係

相関図スマホ

無線規格は、スマホからWiFiルーターを経由してゲートウェイへはWiFi。
ゲートウェイから電球へはZigBeeです。

IKEAの電球をスマホで操作するときには、IKEAのゲートウェイと市販品のWiFiルーターが必要です。


スマホでTRÅDFRI(トロードフリ)というIKEAのアプリをインストールすることで、さらにリモコンでできなかった操作が可能になります。

具体的には電球の個別の操作、電球グループの操作(複数可)、各種タイマーの設定ができます。
詳細はこちらの記事をご覧ください。



スポンサーリンク

3.IKEAの電球とGoogle Homeの関係

相関図Google Home

無線規格は、スマホと同様にGoogle HomeからWiFiルーターを経由してゲートウェイ。
さらにゲートウェイから電球へはZigBeeです。
厳密にはGoogleアシスタントでインターネットにつながってリクエストを判断します。


IKEAの照明をGoogle Homeで音声操作するには、Google Home(Googleのスマートスピーカー)内で、2ステップがあります。

1.Googleアシスタント
ここで音声を拾います。Googleの会話アプリとも言えます。

2.IKEAホームネットワークアプリ
これでGoogle以外の製品、ここではIKEAの電球を動かします。


またGoogle Homeで電球操作の機能は、スマホでも同様に操作が可能です。違いは、
・スマホはスリープ解除しておく必要がある
・リクエストの返事が音声で返ってこないで、文字で返ります。



スポンサーリンク

4.IKEAの電球とAmazon Echoの関係

相関図AmazonEcho

無線規格は、スマホやGoogle Home同様にAmazon EchoからWiFiルーターを経由してゲートウェイ。
さらにゲートウェイから電球へはZigBeeです。
こちらも厳密にはAlexaでインターネットにつながってリクエストを判断します。

IKEAの照明をAlexaで音声操作するには、Amazon Echo(Amazonのスマートスピーカー)内で、Google同様に2ステップがあります。

1.Alexa
ここで音声を拾います。Amazonの会話アプリとも言えます。

2.IKEAホームネットワーク スキル
これでAmazon以外の製品、ここではIKEAの電球を動かします。
Amazonではホームネットワークアプリのことを、スキルと表現します。



スマホでのAlexaによる操作。
可能ではありますが、以下の点が注意です。

・スマホはスリープ解除、さらにAlexaアプリに起動、そしてAlexa対話のボタンを押す。
Googleアシスタントより、最後に一手順が多いです。その都度話しかける前にAlexa対話のボタンを押すのが面倒ですね。
・Googe アシスタントと変わって、返事が音声で返ってきます。




スポンサーリンク

5.IKEAの電球とAmazon Echo Plusの関係

相関図AmazonEchoPlus

こちらは先のAmazon Echoとほぼ同様なのですが、何が違うかというと、WiFiルーターから先が違っていて、IKEAのゲートウェイを経由しません。
Amazon Echo plusはIKEAの電球を直接操作できます。
これはAmazon Echo plusがIKEAのゲートウェイにあたるホームネットワーク機能をすでに備えているからです。
Google Homeではこの存在の商品が2019/2月現在では存在しません。


お勧めの記事

トロードフリ【IKEAスマート電球】とゲートウェイでできること3段解説
スマート電球トロードフリ、リモコン、ゲートウェイ、Google Homeを発売当初から使ってきたまとめ。具体的な細かい設定方法はではなく、何ができるか、何が必要なのかを分かりやすく説明します。購入前の参考にしてください。

コメント