IKEAのスマート電球TRADFRIとリモコンとゲートウェイを3段解説

スポンサーリンク
イケアのスマート照明とゲートウェイまとめ IT

IKEAのスマート照明トロードフリとリモコンとゲートウェイが、簡単3ステップで理解できる!

スマート照明とは何となく知っていて、使ってみたいけれど、まずは情報収集かなと思っているそんな方へ。
IKEAのスマート照明とはどんなことができて、それにはどんなことが必要なのか。


発売当初から使ってきたIKEAスマート照明とリモコン、センサー、ゲートウェイ、スマホ操作、Googleスマートスピーカーの使用経験のすべてを分かりやすくまとめました。
購入を検討中の人はぜひご覧ください。



スポンサーリンク

はじめに

この記事ではまず本題の前段階として、以下の説明します。
・使用した商品の説明
・スマート電球の使用条件
・スマート電球の商品ラインナップ


本題では以下の順番に説明していきます。
IKEAのスマート照明は段階を踏んで拡張できるようになっています。

Step1
簡単なものは電球とリモコンのセット商品1つでOKです。
スマートライティングを意識しません。

Step2
さらにゲートウェイなる中継装置を買い足せば、スマホでの操作が可能です。

Step3
そしてゲートウェイにスマートスピーカーを加えて音声操作が可能です。
ここまでくると未来感が味わえます。




※記事内で特に断りのない電球は IKEAスマート照明の電球 TRÅDFRI (トロードフリ)のことです。


この記事で使用したもの

・IKEAスマート照明(電球、センサー、リモコン、ゲートウェイ)
・Androidスマホ
・Google Home Mini(スマートスピーカー)

スマート照明とスマートスピーカーを、なるべくお安い組み合わせるとこの組み合わせです。

スマート照明は日本の大手ではまだ取り扱いがなく、競合品はフィリップスです。IKEAはスマート照明でフィリップスと比べて割安感があります。
スマートスピーカーは各社から出てはいますが、2台勢力のGoogleとAmazonを見たときに、スマートスピーカーはGoogleがより低価格です。

Google Homeはわりと頻繁に半額セールをしているので、購入時にはタイミングをみましょう。




使用環境

スマート電球は特別な照明に付くわけではなく、今お使いの照明に付きます。
もちろん一般的な電球が照明に付く条件が必要です。

具体的には
・口金の大きさが同じであること。
例えばE26とかE17とかです。

・照明の最大消費電力に使おうとしているスマート電球より余裕があること。
例えば最大消費電力が22W、スマート電球の消費電力が12Wなので10W余裕がある。

特に以下の条件で使用できませんので注意が必要です。

・電球が密閉される照明器具。例えば浴室の照明などパッキンで密閉されていて熱が逃げにくい構造の照明器具。
・天井がくぼんでいるダウンライト照明。
・もともと調光器付きの照明器具。
・お部屋の照明のスイッチが調光機能付きの場合。

詳細な電球の選び方、守らなくてはいけない条件はこちらを参照してください。

LED電球の口金や種類から選ぶ「必ず守る」べき5つのポイント
照明を販売するプロ立場から、これを知らないと電球が点かなくなる電球選びの必要な条件をお伝えします。口金の大きさ、照明器具の最大消費電力、耐熱ランク、調光するかしないか、まれに対応しないケースなど。






IKEAスマート電球のラインナップ

口金 調光 調色 光り方 明るさ 消費
電力
E26 調光   シリカ 1000ルーメン 一般電球型 12W ※1
E26 調光 調色 シリカ 980ルーメン 一般電球型 12W ※2
E26 調光 調色 クリア 950ルーメン 一般電球型 12W  
E17 調光   シリカ 400ルーメン シャンデリア型 5.3W  
E17 調光 調色 シリカ 400ルーメン 一般電球型 5W  
GU10 調光   シリカ 400ルーメン レフ型 5.3W  
GU10 調光 調色 シリカ 400ルーメン レフ型 6W  

上記の電球はすべて単品販売ですが、セットに付く電球は以下の通りです。
※1 小リモコンセットの電球 / センサーセットの電球
※2 大リモコンセットの電球

口金が3種類、さらにそれぞれに調光だけのものと、調光/調色できるものの2種類ずつある。 ただしE26の調光/調色に限って、電球の表面がシリカと、さらにクリアがあります。

■表の用語を解説

口金とは
電球のはめるところのサイズです。

調光とは
暗さ、明るさの変化です。

調色とは
色温度ともいいますが、例えば白熱電球の黄色から、日中の青白い光など色の変化のことで、この調色をIKEAではホワイトスペクトラムと表現します。これは一般的でなく分かりづらいので、この記事では使いません。

シリカとは
電球の光る表面が曇っているのがシリカ。
IKEAではこのシリカのことをオパールホワイトと表現しますが、これもこの記事では使わないことにします。

クリアとは
電球の光る表面が透明なのがクリアです。


電球の詳細な違いはテーマが違うので深く掘り下げませんが、2つに絞ってもう少し詳細にみていきます。


口金の種類

電球の種類

電球にはネジ状の照明への差し込み先がありますね。口金(くちがね)といいますが、IKEAの電球の口金はE26とE17、GU10の3種類です。

表記の仕方は、
E+ 電球の下のプラグの直径

なのでE26は直径26mmのプラグの電球です。

これらはIKEA独自の規格ではなく、電球の国際規格です。
左のE26は日本で一番一般的な大きさの電球になり、真ん中のE17はその次に一般的な電球のサイズです。

しかしながら右のGU10だけは日本での取り扱いがほとんどなく、IKEA以外でこのGU10口金の電球が買えるのはAmazonです



ところでこのGU10の電球はレフタイプといって、光の出る面が平らで、光の進む方向が絞られます。
スポットライト照明器具によく使われ、光の広がり方で一般電球型に比べて演出性が高まることで人気です。

こういった特徴のあるGU10電球は競合品と比べて安いのですが、一般的なスポットライト照明器具には口金が違うため使用できません。
しかし市販の変換ソケットを照明器具との間につけて、間接的にE11やE26電球として使えばお安いスマートスポット照明になります。




リンクする電球の口金は混在可能

電球とリモコンなどをリンク設定して使うのですが、電球は違う口金が混ざっていても問題ありません。
例えばお部屋の中にフロアライトでE26、テーブルライトでE17、シーリングスポットライトでGU10を合わせて、部屋全体の照明を1つのリモコンで同時操作が可能です。


シリカとクリアの使分け

シリカとクリアの違い

シリカは電球が照明器具で全体に覆われているシェードの場合、そのシェード全面が均一の明るさできれいに光ります。
またクリアは電球が入る照明器具のシェードがスリット(切り込みや隙間)入りや網状のものなどは、その影が天井や壁にはっきり映り込んできれいです。

さらなる電球の選び方の詳細は以下の記事を参考にしてください。
これを満たせばよりよい照明環境が得られます。

LED電球を色やワット数などから選ぶ「おしゃれ」な8つのポイント
照明を販売するプロ立場から、ただ電球が照明に付くのではなく、お部屋をどれだけキレイに照らすのかの方法。シリカとクリアの使分け、お部屋の大きさ/デスクライトに必要な明るさ、色、形状、配光、光る仕組みの種類、本来の色に見える指数、無線操作できる電球を解説します。





Step1ースマート電球をリモコンもしくはセンサーで操作

必要なもの

・IKEA TRÅDFRI 電球
読みはトロードフリ。スマート電球です。
当たり前かもしれませんが、一般の電球は動きません。
・リモコンか人感センサー
電池は付属しているのですぐに使えます。


大リモコンはON/OFF、調光、調色用

リモコン大

調光段階の数はIKEAに情報はありませんが、試したところ6,7段階に可能です。1灯であれば最小に暗くすれば、常夜灯のかわりになります。

調色は3段階で、2200K(電球色)、2700K(温白色)、4000K(昼白色)。Kはケルビンと読み色温度の単位です。

単品と、電球とセット販売あり。E26の調光と調色でシリカの電球セットです。IKEAではセットのことをキットと表現します。

電波の届く距離は障害物がなくて10mです。


小リモコンはON/OFF、調光用

リモコン小

右回りで消灯から、点灯、徐々に明るくなります。
空中で回しても作動して面白いのですが、基本的に反応がよくないので、調色が必要なくても大リモコンをお勧めします。

単品と、電球とセット販売あり。E26の調光でシリカの電球のセットです。
またリモコンの色は白と、黄色と、黒がありますが性能の違いはありません。

電波の届く距離は障害物がなくて10mです。


人感センサー

人感センサー

ON/OFFだけなので、調光電球ですが最大の明るさで点灯します。

・デイモード(制限なし)とナイトモード(日中は機能させず、夜間のみ機能。)
・消灯タイマー。動きがなくなってから1分、5分、10分後に消灯。

センサーで使う電球はただ最大の明るさで点くだけなので、調光だけのタイプでいいのですが、もし調色可能なものを使った場合には色温度が2700K(温白色)になります。

電球の先端にセンサー付きのLEDと比べて、IKEAのは人感センサーが別になるので、電球がシェードに下まで覆われても使える利点があります。

一般的なセンサー電球
イケアの別センサーと電球

単品と電球とセット販売あり。E26の調光でシリカの電球セットです。

センサーの最大感知は、距離が5m、角度が120°です。
感知してからの電波の届く距離は障害物がなくて10mです。

管理人としてはキッチンでの使用が便利。


電球とリモコン/センサーのリンク数

1つの電球に対してリモコン(もしくはセンサー)は1つのみリンク設定(ペアリング)できます。したがって同じ電球を階段の電球を1階のリモコンで点けて、2階のリモコンで消すことはできません。
逆にリモコン(もしくはセンサー)1つに対して電球は10個までペアリング可能です。

リンクした数はすべて同時操作であって、個別のリモコン/センサー操作はできません。
これを希望するとき、例えばリビングで天井照明2つを使い分けるときは、リモコン/センサーを2つ用意する必要があります。
または後述のゲートウェイとスマホでの操作は可能です。


電球とリモコン/センサーのリンク方法

リモコン/センサーセット商品の場合は、あらかじめ電球とリモコン/センサーとのペアリングが設定済みです。

しかしセットと単品電球の追加の場合や、電球とリモコンそれぞれ単品同士の組合せの場合は、電球を1つずつペアリングの設定が必要です。

ペアリング方法はとても簡単です。
IKEAには珍しく日本語の説明書も付属しています。

具体的な方法
リモコン/センサーの裏ブタを外して、ボタンが1つしかありませんので、これを電球に近づけて数秒押し続けます。

その間電球の明るさが暗い明るいを数回繰り返して(この間数秒)、最後に最大にフラッシュしてリンクが完了します。

フラッシュしない場合がありますが、この場合はペアリングができていません。


うまくいかない場合
スポットライト照明のように複数の電球が隣り合う照明器具は、リンクの設定がうまくいかないことがよくあります。

こういう場合はその時ペアリングさせたい電球のみ通電させて、その他のペアリング済みや、これからペアリング待ち電球は外すか、緩めて消灯させておきます。
これが本来の正式なペアリングの方法で、これでペアリングできない場合はリセット作業が必要です。


ペアリングを複数するときのコツ
ペアリングが済んだその都度、リモコンのON/OFFを押して本当にペアリングできたのかを確認しながら進めると、後戻りの作業になることなく確実に進められます。




Step2ースマート電球をスマホで操作

必要なもの

・IKEA TRÅDFRI 電球。
・IKEA TRÅDFR リモコンもしくはセンサー。スマホだけの操作がしたくても必要になるので注意です。
・市販品のインターネット接続のWi-fiルーターでLANポート付き。ポケットWi-fiはLANポートがないので使用できません。
・IKEA TRÅDFR ゲートウェイ
・スマホ



できること

Google Play storeからTRÅDFRIアプリを入れることで以下のことができます。

・電球の個別の操作
リモコンやセンサーはリンクした電球はすべて同時操作でしたが、個々に操作が可能です。
具体的にはON/OFFと調光、調色です。

電波の届く距離は障害物がなくて10mです。

・電球の部屋(グループ)作成での操作
好きな部屋(グループ)名をつけてまとめて操作が可能です。
作った部屋には電球を追加します。
追加した電球は同時にON/OFF、調光、調色が可能です。

作った「部屋」は実際に部屋とは関係ないので、リビングダイニングの中に部屋名で「リビング」と「ダイニング」を作れます。

さらに進めて実際にはトイレではなくリビングダイニングにある電球を「トイレ」の部屋に入れたり、逆に電波が届けば洗面にある電球を「リビング」に入れることもできます。

電球は2つ以上の「部屋」には同時に入れられません。


・ムードでの一括操作
「部屋」にある電球を電球単位それぞれで調光、調色して好きな設定セット(ムード)が作れます。

またディフォルトでIKEAが提供するムードとして、日常、集中、リラックスがあります。


・3種のタイマー

TRADFRIアプリの画面

・繰り返したいときは、選んだ曜日ごとに繰り返し設定ができます。

・スマホの電源が切れていても動きます

・3種のタイマーは好きなだけ追加できます。

・いずれのタイマーも電球単位で可能です。

1.点灯タイマー
朝起きる用で、設定した時間の30分前から徐々に明るくなっていきます。

2.外出中タイマー
防犯用で、外出しても自宅で生活しているよう見せかけてON/OFFができます。

3.オン/オフタイマー
これはごく普通のON/OFF設定です。
ONだけ、OFFだけの設定もできます。


スマホとリモコン/センサーの関係

お互いにそれぞれ電球を動かします。
またどちらもお互いを制限しません。
なのでスマホのアプリのタイマーで消しても、センサーが感知すればすぐ点きます。




Step3ースマート電球をスマートスピーカーで操作

必要なもの

この段階になると関係が複雑になるので、一度こちらの関係図を見てもらえると理解しやすいです。

IKEAのTRÅDFRIとGoogle HomeとAmazon Echoの5つの関係図
IKEAのスマート照明とGoogle HomeやAmazon Echoなどのスマホを含めた関係図です。対話するAIアシスタント、通常アプリやネットワークアプリがどこにいるのか。通信手段としてWiFiやZigBeeをどのように使い分けて動いているのかが分かります。

・IKEA TRÅDFRI 電球

・IKEA TRÅDFRI リモコンもしくはセンサー。
スマホだけの操作がしたくても必要になるので注意です。


・市販品のインターネット接続のWi-fiルーターでLANポート付き。
ポケットWi-fiはLANポートがないので使用できません。

ゲートウェイ

・IKEA TRÅDFRI ゲートウェイ
Google HomeシリーズとAmazon Echoシリーズに対応。
日本未発売のAppleのHome Podは対応予定。Home PodがAmazon Echo Plusのようにホームネットワーク機能が含まれるのか不明です。

→今回紹介はしませんが、Amazon EchoシリーズのAmazon Echo Plusでは不要です。Amazon Echo Plusは他のスマートスピーカーで別機能としているゲートウェイ機能をすでに含んでいるためです。


HOMEアプリ

・スマホ
PlayストアからGoogleのHomeアプリをインストールします。
スマートスピーカーの初期設定や電球のグループ設定の時に必要です。
必要な設定が終われば、Google Homeと使って電球の操作にこのアプリの起動は必要ありません。

Google Home Mini

・Google Home Mini(スマートスピーカー)

IKEAのスマホアプリTRÅDFRIと通じて、GoogleのTRÅDFRIホームネットワークアプリをインストール。これはPlayストアからの一般的なアプリのインストールとは異なります。

→参考までにAmazonではホームネットワークアプリなどをスキルといいます。



できること

GoogleのHomeアプリで名前付けした個々の電球や、同じく名前付けしたグループでの操作ができます。電球はグループを複数掛け持ちできます。

「OK Google、照明つけて。」
「OK Google、キッチンの照明を消して。」
「OK Google、リビングの電気を暗くして。」

残念がながらハリー・ポッターの明かりをつける呪文「ルーモス!」では点きません。
一時期映画のタイアップでAndroidスマホ自体の照明をつけることはできたようですが、現在はできないです。いつかのアップデートを楽しみに待ちましょう。



スピーカーとスマホとリモコン/センサーの3者関係

猫

それぞれに電球を動かします。
お互いを制限しません。
なのでアプリのタイマーで消しても、センサーが感知すればすぐ点きますし、すぐに「OK Google」で消すこともできます。

電球への名前付けは、一匹の地域猫がそれぞれの家で違う名前で呼ばれているようなイメージです。
IKEAのTRÅDFRIアプリでつけた名前とは全く関係なく、GoogleのHomeアプリでつけられます。同じでもいいですし、違っていても問題ありません。
どちらの名前で呼ばれても素知らぬ顔で点きます。

またグループ名も同様です。グループの区分けもIKEAのTRÅDFRIアプリとGoogleのHomeアプリで干渉しません。




スマート電球、スマホ、スマートスピーカーの使用感

・新しいことはとても面白い
・今は使っていない
・今後の可能性に期待する

どんなことができるのか、新しい技術を試してみる面白さは確実にあります。

スマホでの操作はリモコンの延長に感じられますが、音声操作は何とも言えない未来感があります。
寝室なら寝るときに布団に入りながらスマホをいじったり、本を読んだりして眠くなったらスマホアプリや音声操作で照明を消してもらうのもいいでしょう。

しかしこれはTRÅDFRI電球とTRÅDFRIリモコンで事足りてしまいます。また単なるリモコン付きの照明器具でも良いかもしれません。

またスマートスピーカーを買って初めて使う部屋は、寝室ではなくリビングダイニングになるかと思います。

理由は3つ。

1.人が集まって滞在する時間がほかの部屋に比べてリビングダイニングは長く、使う機会が多いから。

2.一番ホームネットワークが活躍できる部屋がリビングダイニングだから。
なぜなら管理人の家ではホームネットワークにつながるのが電球とテレビの2つだけで、これがリビングダイニングにあります。

そしてテレビにはクロームキャストがつながっていて、これが電球の時のゲートウェイのように働いて、スマートスピーカーで操作できます。

3.プライバシーの面で常にONの状態でネットにつながっているスマートスピーカーを寝室に置く勇気がないから。
以前にAmazon Echoで会話内容が転送されていた事件がありました。スマホもスマートスピーカーに存在が近いが、たとえカメラ付きであってもスマホはスリープになるのでここが違うと考えます。

リビングダイニングに置かれるスマート照明の存在は、TVでのYouTube再生や、スマートスピーカーそれ自体でできることの魅力に比べて、現状では魅力的とは言えません。




結果として

結果として

スマートスピーカーを通しての音声操作は初めは面白くていろいろと試しましたが、ほとんど使わなくなりました。
リビングダイニングでのスマート照明の存在は物珍しさをまだ出ないように感じます。

IKEAのスマート照明が使えないのではなく、照明そのものに調光や、調色などの複雑なことを求めないからなのだと思います。
スイッチを入れて、ただ最大の明るさで点けばほぼ満足してしまいます。

ひょっとするとスマート照明以前の、照明自体の持つ調光、調色など豊かさの幅が、まだ使い慣れていないのです。

そのメリットが感覚として染みついておらず、こんな状態で照明をホームネットワークとして操作する費用対効果が感じられないだけなのかもしれません。

例えばスマホを使わないで、ずっとガラケーでいても何も問題ないと感じるとか。

これには使い続けてみて、その良さを体感していくのか。それとも使ってすぐに体感できないのはそれまでなのか。

ただ今後のどこまでスマート照明の幅が広がっていくのか。
できることの可能性がまだ未知数なところがあるので、現段階で使えないと判断するのはまだ早い気がします。




余談

センサーセット

IKEAのスマート照明を使ってみて、一番使えると思ったのはキッチンで使うセンサーライトです。

そうです。
スマート照明の以前のIKEAの照明の機能です。

例えばキッチンは両手で料理を運んでいると、スイッチが押せません。せいぜい肘でしょうか。

リビングダイニングでは手が汚れていたり、ぬれていては部屋のスイッチ周りが汚れるので押したくはないですよね。そんな時に近くに来ると照明がつくのはすごく快適です。

また家の内側の玄関で使うのもよいです。夜に荷物をもって帰るとすぐに明るくなるのは快適ですよね。

半額セールが不定期に行っているので、ちょくちょく確認して安い時に買いましょう。





お勧めの記事

言葉で理解しにくいモノの相互関係を分かりやすく図解しました。

IKEAのTRÅDFRIとGoogle HomeとAmazon Echoの5つの関係図
IKEAのスマート照明とGoogle HomeやAmazon Echoなどのスマホを含めた関係図です。対話するAIアシスタント、通常アプリやネットワークアプリがどこにいるのか。通信手段としてWiFiやZigBeeをどのように使い分けて動いているのかが分かります。

イケアの照明の取付方法は大丈夫ですか。

失敗しない!必ずできるIKEA照明の取付方法を4stepで図解
照明取り付けられないを解決します!外国のイケアの照明は日本の規格でそのまま取り付けができるのか?分かりにくい説明書や、つまずきがちな注意点を図解でお伝えします。イケア以外の一般的な照明にも参考になります。購入前にチェックしておくと失敗しません。

スマート電球と一緒に、照明を代えてみませんか?

フレームペンダント照明ニトリのフィルメトリとイケアのBRUNSTA比較
実際にお店に行って違いを確認してきました。照明売り場のプロが、外見、サイズ、コードの3つの視点から、買って後悔しないその違いを見極めます。どちらを買うのが良いのか、天井取り付けやお勧め電球の紹介もします。

コメント

  1. 重箱 より:

    〜ずらい ×
    〜づらい ○

    • komaken より:

      誤字のご指摘ありがとうございました。
      どうしても自分だと抜けがちなので、本当に助かります。

      それとブログ始めてから、初めてのコメントなんです。
      これもうれしいです。