大木製作所ステンレスハンガーの【ゴム交換】

スポンサーリンク
大木製作所のステンレスハンガーゴム交換 住まい
スポンサーリンク

とても使いやすい大木製作所のステンレスハンガーだけれど、物干しフックのゴムが切れてしまった。

大木製作所に取り寄せて、ゴムの交換をしたので方法を残しておきます。
ご参考にしてください。

作業時間3分で終わってとっても簡単です。

誰でもできるわ。





大木製作所のステンレスハンガーのフックのゴムを交換して、またほぼ新品のように復活

スポンサーリンク

現状

大木製作所のステンレスハンガーのフックのゴム切れ
ステンレスハンガーのフックのゴム切れ

購入してから約2年ほどでフックのゴムが切れてしまいました。

ゴムが効かないので、風の強い日には他のステンレスピンチハンガー寄ってしまって回転しなくなり、隣り合ってということもありますが、乾きにくいことがたまにあります。


ゴム交換をできることを知ったので、取り寄せて交換することにしました。




スポンサーリンク

ゴムの取り寄せ

大木製作所のステンレスハンガーのフックの交換用ゴム
ステンレスハンガーのフックの交換用ゴム

まずはメールにて現在も取り寄せできるか聞いてみます。


問い合わせ先はホームページから調べて下記のメールアドレスに問い合わせします。
info-010955@ohki-tokyo.com


お返事をいただきて取り寄せできるとのこと。
メール内容のブログ転載の許可をいただいたので、そのまま掲載します。


お問合せいただきました、ステンレスハンガーの ゴムフックカバー(黒いゴム)につきまして、部品として弊社にて取り扱いがございます。 (店舗での取り扱いはございません)
ハンガー自体には問題がない様ですので、こちらを取り寄せていただければ、 お客様自身で交換いただくことが可能でございます。

<ハンガーフック部のゴム部品>
  ・1袋(2個入)        ¥216
  ・送料(普通郵便)  ¥82

(※管理人注 2019年5月時点の価格です。価格はつどご自身で確認の上、ご依頼ください。
もし部品の購入をご希望の場合、大変恐縮ですが
代金は先払いで切手でのお支払をお願いしております。

部品価格+送料の合計金額分の切手と、下記内容をご記入いただいたメモを添えて、 弊社宛にお送りいただけますでしょうか。
 ・お客様のお名前  
 ・郵便番号

 ・ご住所
 ・ご連絡先の電話番号
 ・「ステンレスハンガーフック部ゴム〇袋ご希望」の旨 ※ご希望の数量を明記ください
 <弊社住所>   〒179-0081 東京都練馬区北町1-32-4
  ㈱大木製作所 永野 宛

切手を受領いたしましたら、部品をお送りいたしますので
上記ご確認のうえ、ご検討いただければ幸いです。



スポンサーリンク

交換

大木製作所の交換用のゴムに石鹸の泡を入れる
交換用のゴムに石鹸の泡を入れる

交換用のゴムが封書で送られてきて、それと一緒に説明書きが添えられていました。

ゴムを入れ込む前に滑りをよくするために、アルコールか石鹸水、食器用洗剤を溶かしたものをゴムの口先に数滴たらして、よくもみこみ馴染ませてから入れ込むとあります。

泡石鹸を少し入れ込んで試したところ、すんなり奥まで入り込みました。



大木製作所のフックゴム交換後
フックゴム交換後

交換後はまた新品のように見違えりました。
長く使えそうです。




おすすめの記事

大木製作所の新しいステンレスピンチハンガーが出たので、旧タイプとの比較をします。

大木製作所やさしいピンチステンレスハンガーSDLと旧モデルの違い
モデルSLとSDLの4つの改善点を解説。ピンチが握りやすくなったこと、持ち手ハンドルがついたこと、折り畳みが山折りになったこと、滑り止めフックがより滑りにくくなったこと。さらにサイズとピンチ数の違いも既存モデルと比較します。

コメント