暗い部屋を明るい照明に【あえてしない】ステキな理由

暗い部屋を楽しむ照明

ホテルやおしゃれな飲食店など暗いですよね。
そしておしゃれな照明も暗いのです。


反対に今までの日本の灯かりはお部屋の中心の天井からの蛍光灯のサークラインで煌々(こうこう)と照らし、隅々まで明るいことに満足して心が満たされていました。

これは決して間違っているわけではないのですが、一方の暗い照明もこれはこれでまたメリットがあります。

暗い照明のメリット

・お部屋の意識を向けたい部分を強調できてインテリアを楽しめる

・メラトニンが分泌されて脈拍・体温・血圧が低下して心と体が落ち着く

そこで
「必要な灯かり」から「楽しむ灯かりへ」と気持ちを切り替えてみませんか。


これがこの記事のテーマです。

これで分かる暗い部屋の楽しみ方

スポンサーリンク

複数照明へのステップ

暗い部屋を楽しむにはまず明るい照明を外すところから始まります。
お部屋の間取りと生活導線や家具などで一概には言えないのですが、ざっくりと行きましょう。


ステップ1

部屋の中心にシーリング(半ドーム型)などをやめて、天井からの明るさを抑える。

シーリングライトから多灯照明へ


明るい照明を外したので、暗いですね。
どこを照らしましょうか。


照明への意識が高まってきましたね。
そして次へのステップです。

ステップ2

複数照明で人のいるところと、必要なところに照明を置く。

必要なところへ照明を



それでは具体的にどうしたらよいのか解説していきます。

スポンサーリンク

複数照明のヒント

天井のソケットから複数の照明をつける

簡易ダクトレール

天井にソケットが1つしかないので、照明が1つしかつかないと思いがちですが、便利で簡単な解決方法があります。


照明のレールをつける方法です。
中でも天井のソケットにねじ固定せずにつけられるタイプもあるのでおススメです。


レールをつけたらペンダントやスポットライトをつけることで、簡単におしゃれな照明を演出できます。
レールにつくフックでプランツを下げるのも人気ですね。


具体的な方法はこちらが参考になります。

IKEAなどのペンダントライトを明るくする【確実な】4つの方法
スポットライトやペンダント、シーリングなどの電気が暗くても捨てずに生かして明るくします。まず必要な明るさを出して、その考えられる具体的な解決方法を4つ提案します。おしゃれな電気がなぜ暗いのかも解説します。

窓際にスポットライトをエアコンコンセントから

後付けダクトレール

窓際のエアコンのコンセントから電源を取って、レールをつける方法です。


こちらはねじ固定が必要ですが、窓際のカーテンをスポットライトで照らすことでお手軽にワンランク上の間接照明効果が楽しめます。


こちら次の記事が参考になります。

ダクトレールを後付けする2つの方法
自分でダクトレールを付けたい人ができる2つの方法を紹介します。

天井以外の照明も大切

灯かりは何も天井からばかりとは限りません。
床や壁からと立体的に光の演出を楽しんでいきましょう。

フロライト

・床に置くスタンドライト(フロアライト)
床から壁に光が広がります。
視界にまっすぐ飛び込んでくる光の存在感を感じられます。


テーブルランプ

・テーブルランプ
デスクの上や、ベッドサイドテーブル、またダイニングテーブルにも使用できます。

クリップライト

・壁につけるウォールランプ
モノに挟んで止めるクリップ式は気軽に場所を試せて大変便利です。


テープライトやスティックライト
テレビの裏などに付けて間接照明としてつかうと、表の存在が際立ちます。



いくつか紹介しましたが、まずはフロアライトが定番です。
お手軽な数千円のものから、試してください。
その際には天井照明と同じ電球色にそろえることをお忘れなく。


そして想像してみてください。
これだけでいつもの自分の部屋の雰囲気がぐっと魅力的に変わるのが感じ取れるはずです。


ぜひコード隠しもかねて、フェイクの植物も脇に添えて並べてみましょう。
やさしい光が葉に伝わり壁や床に写る影がとてもすてきです。



これは紹介したものは、ここまで読んできてくださった方にはご理解していただけると思いますが、お部屋がある程度暗くないと、追加した照明の作り出す光の雰囲気は味わえません。

スポンサーリンク

暗い部屋だから楽しめる照明

月のランプ

3Dプリンターで月の表面の起伏を再現しているので、点灯すると本物の月を手にしている感覚が得られます。
USB充電でコードを取り外しても楽しめます。
サイズは9cm、15cm、18cmの3種類。

遠かった月が手元で楽しめます。

ムーミンのかくれんぼ

これはムーミンファンでなくても気になります。
使用する電球は必ず光る部分が透明なクリア電球を使ってください。
これの反対はシリカといって、こちらは光が拡散します。

クリア電球の直線的な光が影をくっきりと壁に映り込ませます。

テーブルの上のライトチェーン

ライトチェーンは定番ですね。
イケアライトチェーンはお値段おてごろで、初めてにぴったりです。

思わず手に取るIKEAライトチェーン全11種
魅力的でも種類が多く分かりづらい。飾り方の例と、選びやすいように機能別にまとめました。屋外で使えるの、室内専用か、コンセント式か、電池式の違い。性能の一覧表もつけて細かい比較検討が簡単にできます。
壁の猫

ねこ好きにはたまらない商品です。

ウォーターランプ

自然な水の動きとLEDライトに和まされます。
他社製では、ポンプの音が気になるレビューがあるので、寝室には向かないでしょう。

スポンサーリンク

なぜ海外の照明が暗くて、日本の照明が明るいのか

色々と意見がありますが、次の3点になります。
1.緯度の違いによる日照の明るさの違い

2.目の色による光の強さの敏感差の違い

3.特に日本では昭和のオイルショックでより白熱灯より省エネの蛍光灯が普及した


3番の省エネの蛍光灯の理由について補足しましょう。
蛍光灯は白熱灯より格段に発光効率が良いので、部屋の中心に1つで隅々まで明るくできる。
そして高度成長期にナショナル(現在のパナソニック)と東芝など「明るい」「光る」テレビCMでバンバン流して、「明るいく光るのが良い」考えが染みついたとされています。


またインテリアの意識の違いが照明の明暗の違いと捉える人もいます。
つまり日本人はインテリアの関心が低かったから、ただ明るい照明を選んだのだと。

しかしながら日本人が格段に室内装飾(あえてインテリアを日本語で置き換えます)の意識が低いとも言えません。

もし欧州などが日本と比べてインテリアに関心が高いとするのならば、これは海外が暗い複数の照明環境の結果と考えます。

どういうことかというと

海外で暗く部分的に照明を照らすなら必要な場所だよね。
  ↓
それならどこに照らす?
 ↓
人がいるところと、目立たせたいこところ
  ↓
目立たせたいところ=インテリア

結果として、
暗い複数照明の環境がインテリアを目立たせるのに優位だった
と考えるのが自然です。


話を戻すと、3番の省エネ蛍光灯問題が、今までの照明事情の一番の理由となりそうです。

明かりの歴史をひも解けていはいないのですが、長く火の灯りから白熱電球に置き換わったといえども、それほど明るさを出せなかったでしょう。
なので世界中どこでも複数照明が長らく主流だったはずです。

ところが日本は敗戦後の物資とエネルギーの不足、新しい物好きの民族意識などからくる室内の蛍光灯一灯化が進んでしまった。

その一方で 日本人が失ってしまったけれども、欧州では残っている人の歴史の意識中で遠い複数の灯りの空間に立ち会うと、心の中で遠くに感じる安心と魅力を思い出すのではないでしょうか。

コメント