イケアの照明をリモコンで操作する方法

イケアの照明をリモコン操作する方法照明

イケアの照明が欲しいけれど、リモコン付きの照明はどんなものがあるのかな?

イケアの照明を買ったけれど、リモコンがついていないかった。
寝る時にリモコンが欲しい。


こんな疑問を解決します。

イケアの照明をリモコンで動かす方法




スポンサーリンク

はじめに

基本的にイケアの天井照明にはリモコンはついていません


リモコン付きのイケアの天井照明は一つだけで、天井貼り付けのドーム型で、どこにでも売っているような照明だけです。

天井ドーム型のリンケビー
天井ドーム型のリンケビー




また書棚やキッチンキャビネット、ワードローブなどの箱モノ収納につける、スティック状やダウンライトのシリーズ(インテグレート照明)が、リモコンで動くかせるだけです。

イケアのリモコン照明シリーズ構成図
イケアのリモコン照明シリーズ構成図




したがってイケアのおしゃれなペンダント照明はリモコンがありません。
しかし諦めてはいけません。


それではこれから本来のイケアの照明にはリモコンがついていなくても、リモコンで操作する方法を紹介していきます。




スポンサーリンク

スマート電球を使う方法

スマート電球とは、今までのようにリモコンで照明器具を操作するのではなく、電球を直接操作するものです。


ON/OFF以外に、明るさや色の変更が可能です。
スマート電球の方法をいくつか見てきましょう。



イケアのスマート電球(トロードフリ)を使う方法

イケアのスマート電球とリモコン
イケアのスマート電球とリモコン

専用のリモコンで、電球を10個まで同時に操作ができます。
電球の種類は、日本で一番一般的なE26口金のものと、次に一般的なE17、そしてイケアのスポットライトで使われるGU10の口金のものがあります。


別売りのゲートウェイを買い足し、自宅のWifiルータと接続すると、スマホでの操作が可能となり、タイマー機能が使えて、グループ設定や、個別の電球操作が可能になります。


またスマートスピーカー、例えばグーグルホームやアマゾンエコーで、音声操作が可能になり、「OKグーグル、電気をつけて」で明かりがつくようになります。


どのようなことができるのかは、下記の記事にまとめてあるので参考になります。

トロードフリ【IKEAスマート電球】とゲートウェイでできること3段解説
スマート電球トロードフリ、リモコン、ゲートウェイ、Google Homeを発売当初から使ってきたまとめ。具体的な細かい設定方法はではなく、何ができるか、何が必要なのかを分かりやすく説明します。購入前の参考にしてください。




共同照明社製の無線電球を使う方法

メジャーな会社ではないものの、スマート電球の販売はイケアより販売開始が約3年ほど前であり、2019年までで、6年ほど販売され続けている実績から、製品初期にありがちな不具合の解消が見込まれます。

日本語の自社ホームページも持ち、Amazonでも販売され、中国製品でありがちな商品レビューで、日本語に違和感のあるステルスマーケティング感もなく、評価も安定しています。


イケアのスマート電球と比べていくつかのメリットがあります。
常夜灯ができる
イケアのスマート電球は、最も暗くしても常夜灯までは暗くならないのですが、こちらは常夜灯というだけあって5%の明かりまで暗くなります。


リモコンだけでグループの設定ができる
イケアのスマート電球は、リンクの設定をしたものは同時の操作しかできず、ゲートウェイという別売の商品を買って、スマホでそうさしない限り、お部屋の照明の個別の操作ができません。

それに対してこちらは、リモコンだけでグループ設定操作ができるので、とても簡単です。



デメリットしては
口金のE17がないことと、イケアにはあるE26でのクリア電球がないことです。
クリア電球はシェードに切れ込みや、網目などになっていると、光の影が天井に映り込むので、この場合はイケアのものが絶対にお勧めです。


電球とリモコンは別売のみで、電球は白熱灯換算で40,60,80W相当の3種類あります。

専用リモコンはこちらです。




その他のスマート電球を使う方法

日本の大手メーカーはまだ販売しておらず、競合はフィリップス、最近はアイリスオーヤマが類似品を出しています。


フィリップスは性能はいいのですが、イケアとの比較をすると、価格面で高くなってしまいます。

アイリスオーヤマは専用リモコンがなく、スマホでの操作ですが、製品の完成度がまだ低いようで、不具合報告がいくつかみられます。
現状は観察で購入を控えて、今後に期待しましょう。





スポンサーリンク

リモコン付き簡易ダクトレールを使う方法

リモコン付きの簡易ダクトレール
リモコン付きの簡易ダクトレール

ライティングレールともいいますが、ペンダント照明やスポットライトがつけられるレールを天井につけて、レールに対してリモコン操作する方法です。


簡易ダクトレールの天井設置は、名前の通り簡易的で、本来通常の照明を付けるソケット(引掛けシーリングボディ)を使ってレールを付ける方法です。


メリットして複数のペンダント照明が下げられるので、イケアの照明でありがちな、ペンダント照明が電球が1つでも、2つ,3つ同じ照明を下げることで、明るさを補うことができます。


簡易ダクトレールに、直接イケアの照明はつかないので、ダクトレール用のプラグとの変換プラグが必要になります。





日本で電気周りでは名前の通ったメーカー製で、こちらが一番お手頃でお勧めです。
商品説明にはないのですが、メーカー確認のところ取付時に90度の回転が可能です。

また天井のソケット(引掛けシーリングボディ)にビス穴固定の耳がついてないタイプは、天井へのビス固定が必要です。






ソケット(引掛けシーリングボディ)の中心からレールの中心をずらしたいのであれば、最大20cm移動可能で、90回転も可能なこちらがおすすめです。オーデリックは日本のデザイン性の高い照明器具メーカーです。

天井のソケット(引掛けシーリングボディ)にビス穴固定の耳がついてないタイプは、天井へのビス固定が必要です。






スポンサーリンク

天井挟み込み式のリモコンを使う方法

天井の照明取付ソケット(引掛けシーリングボディ)と、照明器具との間に、リモコン受信機を挟み込んで、操作する方法です。


別記事に詳細をまとめてありますが、イケアの照明を使う場合には、先に紹介したスマート電球方法が、より手軽です。

リモコンがない照明をリモコン化する10の方法
元々リモコンがない照明をリモコン化する方法をお伝えします。夜寝る時に壁のスイッチや、ひもスイッチをひかなくても、布団に入ったままで照明が消せます。今ある照明はそのままで大丈夫です。






スポンサーリンク

人感センサーを使う方法

発想を変えてリモコンではなく、センサーを使う考え方です。


普段それほど出入りしない部屋であれば、リモコンより便利です。
センサーといっても動作を感知している間は、消えません。





パナソニックのセンサー電球

いくつもの類似品が販売されていますが、センサーの劣化、感知速度、さらに感知がされなくなってから、いきなり消えない心遣いなど、パナソニックのセンサー電球がおすすめできます。
明るさと色が数種類から選べます。




イケアのトロードフリのセンサーライト

イケアのセンサー電球セット
イケアのセンサー電球セット

一般的な電球の先にセンサーがついているのではなく、センサーが別になります。


この構造のメリットして、3つ上げられます。
・電球がシェードで覆われていても、センサーが別なので感知する

・センサーで同時に10個までの電球を、同時に点灯させられる

・設定が多彩。明るい昼間だけは感知しないエコモードや、いつでも点灯モードの切り替え。動きを感知しなくなってから1分、5分、10分の設定が可能だが、いきなり消えるのは今一つ。

Technical Error

コメント