電球の捨て方【永久保存版】

電球の捨て方照明

つかなくなった電球はどのように捨てればいいのだろう。


可燃ごみにそのまま捨てれば割れて危ないし、リサイクルもできなさそう。

それにつかなくなった電球はどうやって外すのか?
また同じ電球はどこを見て買えばいい?


こんな疑問にお答えします。
普段仕事で照明を販売している経験から、分かりやすく説明していきます 。

正しい電球の捨て方、見分け方、外し方と選び方

スポンサーリンク

はじめに

この記事は以下の4つに分けて順番に説明してきます。


1.電球の種類を把握する。

種類によって捨て方が異なる場合が多いので、白熱電球、ハロゲン電球、LED電球、蛍光灯(管)、点灯管のどれかを把握する


2.電球の種類が分かったら、捨て方を確認する
住んでいる自治体によって、不燃や危険物などの捨てる区分や、いつ捨てるのかの曜日、紙で包むなどの捨てる方法が違うので必ず調べてから捨てます。


3.電球の外し方
回す、まっすぐ引き抜く、片側へ押して抜く、などいろいろあります。
無理に外そうとすると割れることがあるので注意です。


4.電球の選び方
正しく選ばないと、すぐにきれたり、照明器具が壊れたり、天井が焼けたりします。
はまれば使えるわけではないので注意です。



それでは具体的に見ていきましょう。

スポンサーリンク

1.電球の種類を把握する

外見と、電球のソケットに印字されている情報から判断していきましょう。


また照明器具の最大消費電力が少ないものは、蛍光電球かLED電球を使っていると判断材料の一つにできます。

この「最大商品電力の少ない」とは基準があるわけでもなく、線引きが難しいのですが、おおむねE26口金(くちがね)で30W、E17口金で20WくらいならLED電球を使ってるといえます。

口金とは電球の光る部分とは反対の電気をもらう側、言い換えると照明器具にはまる部分で、例えばE26口金はネジ状になっているところの直径が26mmの口金をいいます。



電球の種類は大きく分けてこれから紹介する以下の7つです。

白熱電球の見分け方

白熱電球
白熱電球の例

従来の電球で価格も安い。
ネジ状のフィラメントが光る単純な仕組み。
光る部分が触れないほどに熱い。
口金は主にE26、E17で、電球元のネジ状の直径が26mmと17mm。
ミニクリプトン球もこちらに入ります。



ハロゲン電球の見分け方

ハロゲン電球
ハロゲン電球の例

スポットライトに多く使われます。
主に上が平らのレフタイプで断面が三角状。
光る部分が触れないほどに熱い。
主流は口金がE11、電球元のネジ状の直径が11mm。
ネジ状ではなく2ピンのタイプもあります。



蛍光灯の見分け方

蛍光灯
蛍光灯の例

まあるい円状の丸型(サークライン型)蛍光灯や、直線状の直管型蛍光灯があります。
サークラインは住宅のお部屋の真ん中に使われることが多かったタイプです。
直管型蛍光灯とはオフィスや、駅などの公共施設で多く使われます。
最近は早くなりましたが、以前はスイッチを入れてパチパチと点滅してからつくのに少し時間がかかる特徴がありました。



電球型蛍光灯の見分け方

電球型蛍光灯
電球型蛍光灯の例

現在販売は少ない。
細い蛍光灯が電球の中に入ったもの。
もしくはむき出し。
うねうねと渦を巻いている蛍光管がうっすらと見えるはずです。
蛍光灯同様に、点灯するまでに少し時間がかかる。



LED電球の見分け方

LED電球
LED電球の例

現在主流の電球です。
電球の中央にばね状の光るフィラメントがない電球です。
クリア電球(光る外側のガラス、もしくはアクリルが透明の電球)で中にフィラメントに似せた作りのLED電球があるので、白熱電球と間違えることがあるので注意です。
瞬間的につきます。



常夜灯の見分け方

常夜灯(ナツメ球)
常夜灯(ナツメ球)

ナツメ球ともいいます。
夜寝る時につけるオレンジ色の薄暗い電球です。
以前は白熱電球でしたが、LED電球もあります。



点灯管の見分け方

点灯管(グロー球)
点灯管(グロー球)

点灯管はグロー球ともいいます。
蛍光灯を始めに点灯させるものです。
蛍光灯のワット数によって外観が異なりいくつかあります。




スポンサーリンク

2.電球の種類別の捨て方を確認する

捨て方は2通りです。

・ごみステーション(地域ごとに決められたゴミ回収場所)に捨てる
・公民館や電気屋に持ち込む



ごみステーションに捨てる

ごみステーション(ゴミ捨て場)
ごみステーション(ゴミ捨て場)

各自治体によって方法が異なるので、「自治体名+LED電球、捨て方」などで検索して実際の捨て方を確認します。
捨て方が不明な場合は電話して確認するとよいです。


・照明本体は別々に
電球と照明本体は別にして、照明本体は粗大ごみ扱いが多いです。


・ごみステーションに置くときは
例えば危険物としての電球と、可燃物の回収日が同じ日の場合は、危険物と可燃物の2つが分かりやすいように分けて置くようにします。


・蛍光灯は水銀を含むので、健康に害が出たり、環境汚染につながるので、他の電球よりも注意深く割れないように扱います。


・「蛍光灯」は自治体によって「蛍光管」といっているのでどちらかで検索できるはずです。



公民館や電気店に持ち込む

公民館などの回収ボックス
公民館などの回収ボックスの例

電池や、プリンターのインクケースと同様に、お店や施設で回収していることがあります。
具体的にはスーパー、電気屋、家電量販店、公共施設、公民館、役所などがあります。

ゴミステーションは曜日と時間が決められていますが、スーパーや電気店などは開店していれば時間の制約がないことが多いので、通勤通学のついでに捨てることができて重宝します。




スポンサーリンク

3.電球の外し方

電球のソケットは種類によってさまざまあり、外し方も異なります。


正しい外し方を知っていれば、外れにくい時にただ硬くて力を入れれば取れるのか、もしくは外れない方法でムリに取ろうとし壊れそうになるのかが分かります。



取り外し方の例を見ていきましょう。

回す
口金E26やE17などの電球で、照明全般です。
反時計回りに、ただ回します。

E26などの回すだけで外れる電球
E26などの回すだけで外れる電球




■ まっすぐ引き抜く
スポットライトなどで見られます。
指が入る隙間がなければフォークやスプーンなどで少しずつ、傾けることなく、バランスよく抜きます。

抜ける手ごたえがない場合は、次の「少し回す」の場合があります。

GU5.3
2ピンタイプの電球




■ 少し回す
スポットライトなどで見られます。
GU10という口金で、反時計回りに30度ほど回すと外れます。

GU10の外し方
GU10の外し方




■ 回してから引き抜く
直管型の蛍光灯の場合です。

直管型蛍光灯の外し方1
直管型の蛍光灯の外し方1




■ 片側に寄せて取る
直管型の蛍光灯

直管型の蛍光灯の外し方2
直管型の蛍光灯の外し方2




※電球以前のことですが、半ドーム型のシーリングライトのシェードの外し方は、回して取る、1つか2つあるレバーを押す、もしくは引くのいずれかで取れるはずです。




スポンサーリンク

4.電球の選び方

まず買ったときの箱は捨てる時に使うので捨てません。


そして電球の選び方です。
基本的についていたのと同じものを購入すれば大丈夫なはずですが、自分で取り付けたものが正しくなかった場合もあるので、キチンと理解してつけましょう。
間違ってつけると、電球の早切れや、照明器具を痛めたり、天井をこがしたりします。


最低限の正しい電球の選び方と、より良い電球の選び方に分けて別記事にまとめてあるのでこちらを参考にしてください。


最低限の正しい電球の選び方

電球は口金が違うとはまりません「電球選び」の5つのポイント
照明を販売するプロ立場から、これを知らないと電球が点かなくなる電球選びの必要な条件をお伝えします。口金の大きさ、照明器具の最大消費電力、耐熱ランク、調光するかしないか、まれに対応しないケースなど。




知っているときれいに見える、良い電球の選び方

【LED電球】と【ワット数】の疑問にキチンと答えます!
電球を買うときに知っておかなければいけないワットの色々なギモンを、超分かりやすく答えます。

コメント