Zenfone4Maxの【次に買う】スマホはZenFone Max (M2) 3つの理由

IT

Zenfone4Maxのバッテリーが弱くなってきたので、次を探したい

使い勝手は良かったし、次もZenfoneシリーズでそろえたい

いくつもの機種があって何がいいのか?

値段も含めて分かりづらい

こんな悩みを解決します。

今(2019/12)の時点で、2万前後の費用対効果の高いコスパの高い機種が分かります。
追記:2020/6/19値下げがあったので、当初のメモリ32Gタイプから、メモリの増えた64Gタイプの変更しました。
これに合わせて一部修正済みです。


ほぼ自分のためにまとめたのですが、これから調べる皆さんの時間の節約になるのでキチンとまとめました。

事前に決めておけば、急に来るもうダメなタイミングで、タイムセールなどが狙えて安く買えるかも。


いままでZenfoneシリーズを使ってきて、自分のと家族のを合わせると4機種選んできました。
情報源はKakaku.com、Amazonや、公式、ブログの情報を可能な限りまとめました。

値下げしたZenFone Max (M2) 64GBがおすすめ

スポンサーリンク

機種の絞り込み

Zenfone4max次の買い替え候補

機種を絞るのですが、まずは価格で2万前後で以下の4つになります。

ZenFone Max (M2) 64GB <買い替え候補>
ZenFone Max Pro (M1) <次点>
ZenFone Max (M1) <落選>
ZenFone Max Plus (M1) <落選>


そしてここから3つ条件をさらに加えて選んでいきます。
3つの絞り込み条件
■バッテリー
何といってもZenfone4Maxの良いところはバッテリーの持ちでした。
これは一度味わうと譲れない点ですよね。


■今より性能が良い

新しくするのなら、現在のよりもいくらかは性能が良くなっていないと寂しいです。


■カメラ機能

Zenfoneシリーズの売りはカメラ機能でした。
自分はカメラを普段持ち歩かないので、スマホのカメラをよく使います。
なのでカメラの性能も気になります。

スポンサーリンク

比較して検討

次に買うものを検討
<買い替え候補>

ZenFone Max (M2) 64GB

リストの中で一番新しいモデル
CPUの早さは2番目。
でも1番と大差はないです。
RAMが大きいのでアプリをたくさん開いたりしても遅くなりません。
画面はリストの中で一番大きいです。
人気度も一番高いです。
カメラはAIカメラでシーンを自動判別して、最適な画質調整をします。
下記の表の人気度も一番高く、大多数の関心とも一致しています。

2020/6/19追記
本日上で紹介しているタイプのメモリ64Gタイプ(ZB633KL-B*64S4)が
公式に8,000円値下げして19,500(税別)になりました。
*は色で変わります。

以前は32Gタイプを紹介してたのですが、メモリの多い64Gのほうが安くなったので、バッテリーの劣化を感じている方はチャンスですね。
転売に買われないようにお急ぎください。

「ZenFone Max M2(ZB633KL)」が1万9500円(税別)に値下げ
ASUS JAPANは、6月19日にSIMロックフリースマートフォン「ZenFone Max M2(ZB633KL)」の価格を改定した。希望小売価格を2万7500円(税別、以下同)から8000円値下げし、1万9500円で販売する。



<次点>
ZenFone Max Pro (M1)

リストの中で一番にCPU処理速度が良いです。
またバッテリー容量が一番大きいです。


<落選>

ZenFone Max (M1)

CPUの処理速度がZenfone4Maxと同じです
後は他の候補と比べてぱっとしないです。
なので人気も低いです。


<落選>
ZenFone Max Plus (M1)

Zenfone4Maxと同じ期に発売されたモデルなので、Androidバージョン8以上のアップデートは望めません。


比較リストも載せておきます。
一番左が現在使用しているZenfone4Maxです。
その右隣りが、買い替え候補の機種です。

製品名ZenFone4Max

<現行>
ZenFoneMax (M2) 64GB
<買替候補>
ZenFone Max
Pro (M1)
<次点>
ZenFoneMax (M1)
<落選>
ZenFoneMax Plus (M1)
<落選>
クチコミ
件数
1937685771331276
人気度2.62.52.10.70.4
発売日2017/12/82019/3/152018/12/212018/9/212018/2/17
販売
時期
2017年
冬モデル
2019年
春モデル
2018年
冬モデル
2018年
秋モデル
2017年
冬モデル
OS
種類
Android 7.1Android 8.1Android 8.1Android 8.0Android 7.0
CPU
Snapdragon 430 MSM8937Snapdragon 632 SDM632Snapdragon 636 SDM636Snapdragon 430 MSM8937MT6750T

CPU
スコア
56,297103,323119,13568,82454,387
内蔵
メモリ
ROM 32GB RAM 3GBROM 64GB RAM 4GBROM 32GB RAM 3GBROM 32GB RAM 3GBROM 32GB RAM 4GB
外部
メモリ最大容量
256 GB2048 GB2048 GB2048 GB256 GB
バッテリー容量
4100 mAh4000 mAh5000 mAh4000 mAh4130 mAh
画面
サイズ
5.2 インチ6.3 インチ6 インチ5.5 インチ5.7 インチ
幅x高さx厚み
mm
73.3x150.5x8.776.2x158.4x7.776x159x8.470.9x147.3x8.773x152.6x8.8

各種の項目はkakaku.comを元に再編集しています。

項目で説明が必要な個所は
人気度
販売開始から現在までの1日あたりの口コミ数
数字が大きいほど関心が高いといえます。

CPUスコア
CPUベンチマークサイトから引用
数字が大きいほど性能が良いです。

スポンサーリンク

ZenFone Max (M2) 64GBが候補とその理由

選んだ理由

次点のZenFone Max Pro (M1)との比較になるのですが、
次の2点が勝っているのが決めてです。
・AIカメラ
・内蔵メモリ


AIカメラ
常に持ち歩くスマホはシャッターチャンスを逃したくないものです。
手軽さが大事なので、簡単に良い写真が取れる機能は貴重です。
カメラのシーンの選択機能はよくありますが、それを自動でしてくれる手軽さを評価します。


内蔵メモリ
次点のPro(M1)に比べて、多くのアプリを立ち上げたときや、重い作業をした時に、軽快に操作できます。
これは次点のPro(M1)より約30%ほど多いメモリを、買い替え候補の(M2)は積んでいるためです。
CPUの早さは逆に次点のPro(M1)より10%ほど遅いのですが、その分をメモリの30%増でカバーできそうです。

スポンサーリンク

まとめ

まとめ

候補はZenFone Max (M2) 64GB

選んだ理由は以下の点です。
・2万円前後
・バッテリーの持ち
・今より性能が良い
・カメラが良い


比較になかったその他の特徴としては、
・カメラで手前のモノにピントを合わせて背景をぼかす機能
・販売時のAndroidバージョンが8.1なので、次のアップデートは必ずされる
・バッテリーは同じ容量
・画面サイズは少し大きいので見やすくなる
・サイズは少し大きい
Zenfone4Maxに比べて、高+8mm、横+3mm、厚+1mm


その他気になる点は、
simカードサイズは気にしなくて大丈夫です。
乗り換えするZenfone4Maxと、これからの4種すべて同じnano-simサイズです。

スポンサーリンク

スマホ交換で注意すること

注意点

通信会社を変更しなければ、そのままsimカードを抜いて機種の変更ができます。
ZenfoneシリーズならAPNと言って通信会社の設定も自動でできます。


その他気になる点をまとめました。

年縛り(年契約)や最低利用期間

■年縛り
大手のドコモや、au、ソフトバンクは2年ごとの契約月以外の解約は違約金が発生する場合があります。
1万円くらいですね。
ドコモは2019年10月契約分からは政府の圧力で縛り料金が1,000に下げられました。
各社足並みがズレてきているので、現状を確認しましょう。

また大手は費用が高いことが多いので、一度MVNOと呼ばれる格安simカード通信会社がお勧めです。
本体の交換時期と通信会社の変更は同じでなくても構いません。



■最低利用期間
格安simカード会社の通信会社とはMVNOともいいますが、
IIJmioや楽天、UQmobile、BIGLOBE、OCNなどの、言い換えると携帯電話大手のドコモ、au、ソフトバンク以外です。
1,2年以内の解約は違約金が発生する場合があります。

残りの本体料金の支払いが必要

2年ほどの期間で払い込み終了の場合が多いですが、本体の料金の払い込みが終わっていないと、たとえ、通信会社を変えても支払いの必要があります。

本体と同時に通信会社を変更する場合は?

■使用可能端末の確認リスト
Zenfone4Maxはsimフリーなので問題ないはずですが、各社のサイトにあるので、これを確認してから購入するようにします。



■番号の引き継ぎ
※番号を新しくする場合は何も問題ありません。

番号引継ぎ作業をMNPと書いている場合が多いです。
Mobile Number Portabilityの略ですね。

手数料が2,000円か3,000円かかります。


そして引き継ぐ場合は会社によって当日できない場合もあるので要確認です。
オンラインではなくて、店舗窓口なら当日可能な場合もあります。

以前ガラケーからスマホ時は数日待たされましたが、スマホからスマホの時は当日の変更ができました。

Zenfone4Maxの次にこれを選べば間違いありません。
タイムセールを狙って、ちょこちょこチェックしていきましょう。

コメント