東京ガス電気の気になる燃料調整額の推移は?

電気料金が高くなった。

この先どのくらい上がるのか気になります。
推移を見れば大体の見当がつきそうですよね。

なので東京ガスの電気の公表している資料をグラフにまとめました。
数字の羅列で見ても分かりませんが、グラフにすると一目瞭然です。


電気料金がどこまで上がるのか心配で、特に燃料調整額を気にしている方にぜひ参考にしていただきたい内容です。

家具内装/造作、現在は住宅設備販売。
住まいに携わって20年。
住環境の「快適さ」を考えるコハタハルキが執筆します。



東京ガスの電気、燃料調整額で料金が高騰するわけ

スポンサーリンク

東京ガス電気の燃料調整額の推移

どっちがいいのか女性調べる
東京ガス電気の燃料調整額の推移
東京ガスの電気 公開資料から作成

燃料調整額は急上昇中

2021年の1月は本来の料金から燃料調整費で25%くらい割引になっていました。
それが、2022年の2月から反転、今度は燃料調整費が上乗せになります。

そして高いと感じる電気料金は燃料調整額が50%上乗せの存在になっています。
※使う量によって上がる電気料金の単価は24~25円。
 これは新規受付終了したずっとも電気1、1S、2と、現在受付中の基本プランの使用料別の単価の平均より、11.92÷24~25=0.5   

本来の価格が100だとしたら以前の0.75から現在が1.5なので、
電気料金は2年前の2倍に跳ね上がっているはずです。

もちろん電気料金を決めるのは月々一定の基本料金もありますが、これは1000円前後。
燃料調整額のインパクトの比ではありません。


グラフの上がり方は一定に上がるのではなく、指数関数的に上がっているので先を考えるだけで恐ろしくなりますよね。
燃料調整額の今後の上がり具合はこちらでまとめています。

燃料調整額をわかりやすく解説し今後を見通す!
上がっている電気料金の内訳で「燃料調整費」が問題。これを知って危ない電力会社を避けることができます。見分けるポイントは自由設定と上限のあるなし。これが分かれば入るべき電力会社が見えてきます。



スポンサーリンク

政府の補助は?

なんでだろう

政府の補助が1kWhあたり7円を補助して電気代2割の削減といっています。


確かに計算すると12月の燃料調整額では2割ほど安くなるようですね。
しかしこれでどこまで耐えられるのでしょうか?


東京ガス電気の燃料調整額の推移

もう一度グラフを見てみると11月から12月の上昇幅で約2円。
なので7円だと単純に増加しても3カ月半の増加しか防げません。


政府の補助の効果はありますが、これだけでは心配ですね。
さて他の電力会社はどうのようでしょうか。



スポンサーリンク

他の電力会社の燃料調整額は?

どれにしようかな

電力会社の燃料調整額は東京電力の燃料調整額とそろえているところがほとんど。
中には独自にもっと高い価格にしている電力会社もあります。


東京電力などの旧一般電気事業者はやたらと電気料金を上げられません。
しかしここにきて、東京電力もエネルギー価格の高騰を吸収できずに、2022年9月から新プランでは燃料調整額の上限をなくしてしまいました。

そして東京ガスの電気は、この上限をなくした東京電力の燃料調整額を採用しています。



スポンサーリンク

安い電力会社に乗り換える

ホッと一息まとめ

ガスと電気のセット割は数百円程度ですから、燃料調整費の上昇の前ではとても役に立ちません。

詳しくはこちらが参考になります。

東京ガスの電気デメリットは【まとめても安くない】3つの理由
東京ガスの電気とセットは少し安くはなっても、最安値ではありません。セット、キャンペーン、ポイントを含めても年ごとにお得な電力会社との差が広がるばかり。でも最安値が分かって安心して乗り換えられます。



なのでより早急な切り替えが必要ですね。

安い電力ランキング関西関東の4人家族編
毎月の電気料金を安くしたい。実際の料金をエクセルにすべて入力してランキング。乗り換え不安や、注意すべき電力会社も紹介。これで安心して乗り換えできますよ。

リンク先にも記載していますが、詳細のランキングはとても更新が間に合いません。
そうではありますが、最新の状況をこちらでお伝えしていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました