東京ガスの電気デメリットはセットでも安くならない!

東京ガスの電気は安くない住まい

東京ガスの電気は安いのか?

キャンペーンがとってもお得そう

大手だから安心できそう

ラムちゃんはなんでビキニでないのだろう?

最近調べて電力会社を変えたのですが、その時にきっちり調べた結果をもとに、こんな疑問に答えていきます。


安易に東京ガスにしたらもったいないですよ!

深田恭子のラムちゃんに電気の安さを騙されてはいけない。

スポンサーリンク

はじめに

東京ガスは安くないのですが、なぜ安くないといえるのか説明していきます。


まず通常の電気料金だけの単純比較だけでも、安くないこと


そして安くなりそうな気がするキャンペーン、ポイント、ガスとセット割を含めるといつまで、お得に見えるのかを解説します。


最後に口コミでどんなデメリット、不安があるのか見てみましょう。

スポンサーリンク

「東京ガス」通常の電気料金からして安くない

8,730円/年
最安値の電力会社との差です。


ネットで安いといわれる電力会社21社をピックアップして、それを全部をエクセルでシミュレーションした結果です。

順位は21社中17位です。
最下位ではないですが。


結果の数字が事実です。
テレビCMや、ネット広告を大量に流してキャンペーンをしていますが、安くないです。


テレビの広告費っていくらなのでしょう?
先行投資とはいえ、冷静に考えると、これほどのプロモーションを掛けて大々的な広告費をすべて利用者が払っているのだから安くはできないですよね。



ちなみに最安値は
「エルピオでんき」
我が家では調べて分かってすぐに変更しました。



詳細な比較方法は別記事にまとめてあります。
実際の12カ月の使用料金をもとに、各社の料金体系をエクセルに入れ込んだ結果です。

安い電力会社は【エルピオでんき】Excelで21社を比較して分かったその安さとは?
実際に料金を調べたランキングや、電力会社のメリットデメリット、そして実際の最安値の電力会社への切り替えをレビューしていきます。

上記のリンクを見れば分かってもらえます。
各社独自のシミュレーションではないので、中身が見える平等な結果です。


でも電気の使用環境によって変わってきそうですね。
我が家の状況を伝えておきましょう。


家族4人でごく一般的な家族構成
エアコンは3台、ガスファンヒーターが2台
オール電化ではありません。


これも詳細はリンク先で分かりますが、
かなりな電力使用量の振れ幅を持っていしても、最安値は「エルピオでんき」でした。

スポンサーリンク

「東京ガス」キャンペーンは得か?

キャンペーンは得か?

「キャンペーン」...
いい響きです。
後ろ髪ひかれますね。


現在東京ガスが行っているキャンペーンは以下の2つです。
1.10人に1人1万円Amazonギフト
2.12週連続300円Amazonギフト



まず1つ目の10人に1人の1万円です
これは確率の考え方だと1万円÷10人=1人当たり1,000円の割引です。

2つ目の12週連続300円
抽選ではなく確実なので300円x12週=3,600円


この2つを合計すると4,600円です。
そして最安値の電力会社との差は金額にして8,730円/年でした。



あれ、おかしいですね。
キャンペーンは1年もせずにエルピオでんきの通常料金の安さに負けています。

スポンサーリンク

「東京ガス」ポイントは得か?

「ポイント」...
ちりも積もれば安くなる堅実な匂いがします。


パッチョポイントといいますが、
1,000円で15ポイント、1ポイント1円
100円で1.5円引き


本当は使用料金からポイント分は引けないのですが、
単純に考えて支払料金が1.5%引きとします。


あくまでポイントなのでガスや電気の料金割引には使えず、ポイントで何かを購入か、他のポイントへ移行して使います。
また3年放置すると失効します。

東京ガスの公式パッチョポイント説明ページ


そして我が家のシミュレーションでは東京ガスの年額支払額は97,338円でした。
これの1.5%ですと、1,460円です。


まとめると
ポイントは1,460円/年安くなります。
あらためて出しますが、最安値との料金差は8,730円/年


うーん。
ポイントはそんなに効いていませんね。

スポンサーリンク

「東京ガス」ガスと電気セットは得か?

「セット」...
「大入りパック」的な確実に安いイメージがありますね。


さてそんなセットですが、
ガスと電気のセットで年額3,000割引です。


プランによって異なりますが、多くの人が契約していた東京電力の「従量電灯B」に相当するプランだと、東京ガスでは「ずっとも電気1」プランになります。
そしてこのプランはガスとセットだと250円引きです。

年間だと250円x12カ月=3,000円


まとめると、
セット割は3,000円/年
また出しますが、 最安値との料金差は8,730円/年

スポンサーリンク

割引をすべて合計したら安いのか?

本当に安いのか

おさらいしましょう。
ちょっと分かりにくくなってきた割引は3項目でした。
1.キャンペーン
2.ポイント
3.ガスとセット



そして最安値の「エルピオでんき」との通常電気料金の差
東京ガス97,338円―エルピオでんき88,609円
=8,730円でした。


これだけでも東京ガスは負けていますが、
基本となるこの差額から、割引を加えていきます。


追い上げできるでしょうか?


まずポイントセット割引を加えます。
これは毎年です。

8,730円-ポイント1,460円-ガスとセット割3,000円
=4,270円
ここまでがキャンペーンがない時の毎年の差額です。


これでもう損。

キャンペーンを含まず、毎年、毎年、最安値との差額4,270円損している!



もうこれだけでも十分に分かってもらえるとは思いますが、
キャンペーンも加えてみましょう。


1回だけのキャンペーンを引きます。
ポイントとセット割引含めた最安値との差額は4,270円/年でした。
4,270円 - キャンペーン4,600円
=-330円


おっと!
やっとお得になりました。330円!


キャンペーンを含めてやっと1年に限って
最安値のエルピオでんきと並んだ状態です。


でも2年目からもう損をしていくので、


たとえば5年が過ぎると
1年目の差額-330円+2~5年の差額17,080円(=4,270/年x4年)
16,750円


さらに10年たつと
1年目の差額-330円+2~10年の差額38,430円(=4,270/年x9年)
38,100円

10年すると約4万円の金額を逃していることになります。

4万円は大きい!

知らずに切り替えてしまった人
かわいそう。

世の中、世知辛(せちがら)いわね。

スポンサーリンク

口コミ

ツイッターから気になりそうな口コミを引用しましょう。

主に電力なんですが新興なんだけれどシンプルな料金プランを持っているところも検討けれど、経営母体が安定している方が良いに決まっている
東京ガスは電力は少し安くなるけれど、ガスが安くならない印象
今回チョイスしたところは東京ガスより安い
どうしても電気使う様になってしまったから…— 迷走 (@Masa64bits) October 28, 2019

→経営母体が安定しているかどうかは、問題になりません。


電気が不安定になることは全くないのです。
なぜなら各電力会社化から直接電力線を引いているわけではないから。


冷静に考えればそうですよね。
電力会社は自社発電や、いくつか発電所から電気を買い付ける割合を決めて、そこから各社共通の電線で電力を送っているのです。

また電力をまとめた卸から電気を買っているので、これで供給の安定性を保っています。



今度は最安値の「エルピオでんき」の口コミを一つ。

電力自由化でお得だのなんだのと東京ガスがうるさいのでシミュレーションしてみたら「エルピオでんき」が安い。市川に本社がある地場のガス屋らしい。ガスの契約者ですらセット割引がないシンプルさに惚れた。解約手数料もないし、特典だのクーポンだのもない。よし、契約だ。— alonzo mosely (@baka_in_black) October 25, 2017

解約手数料がないので、もし高いようであればすぐに他に切り替え可能です。

スポンサーリンク

デメリットは安くないこと

東京ガスのデメリットは何といっても、安くないことでした。
「安く」とうたっているのですが、騙されてはいけません。


メリットはただ、ガスとセットで何か「すっきりとした感じ」を受けるところでしょうか。


ただこのメリットも、ほとんどの場合にどこで電気を契約しても、自動引き落としなので、ガスと電気をまとめることで手続きが楽に感じることはないでしょう。


いかにも安そうなキャンペーンにひかれてはいけません。
せっかく気持ちが動いたこの際に、確実に一番安い電力会社に乗り換えましょう


切り替えも簡単で、特に工事が入るわけでもなく、電気が使えない期間はもちろんありません。
申し込みさえすれば、いつの間に切り替わっていて、安くなっています。


知らない会社なので不安?
そんな方が大手から余分にお金を取られているのです。
気を付けて!

確実に安い電力会社【エルピオでんき】

さらに今ならキャンペーン中でさらにお得です。



でもやっぱり他も気になるなら、比較してみて、納得してからでもいいと思います。
一番比較できそうな電力比較サイトはこちらです。


おすすめの記事

一番安かった「エルピオでんき」の詳細と、実際に切り替えた流れをまとめます。

安い電力会社は【エルピオでんき】Excelで21社を比較して分かったその安さとは?
実際に料金を調べたランキングや、電力会社のメリットデメリット、そして実際の最安値の電力会社への切り替えをレビューしていきます。

コメント