トイレはリクシルTOTOどっちがいいのか同時に使って分かる汚れにくさ

TOTOのセフィオンテクトとLIXILのアクアセラミックの比較住まい

TOTOとLIXILのトイレ、
どちらも有名なメーカーで、どちらもいいことを言っている。
特に気になる節水性能と汚れにくさ。

節水性能は流れる水の量が少ないのが数字で分かるけれど、
汚れにくさはメーカーの「言い分」だけでは分からない。


なので使った人のレビューを参考にしたい。
レビューはいくつか見つかるけれど、本当にそうなのだろうか?


そんな悩みをもう迷うことなく解決します。


2015年当時、私はどちらがいいのか比較情報がないので分らず、
それなら自分で両方試めそうと、自宅で同時に2階でTOTO、1階でLIXILを実際に使ってきた貴重な比較レビューです。


片方だけでは分かりません。
両方比較しないと、どっちがいいのか悪いのか、分からないですよね。




TOTOとリクシルの違い

スポンサーリンク

実際の使っているTOTOとリクシルはこちら

約2年前に自宅の古いトイレを交換する候補として、TOTOとLIXILに絞りました。

TOTOの評判は出てくるのですが、LIXILの「アクアセラミック」という新性能が出始めで、使用レビューがほとんどありませんでした。
メーカー文句は良さそうなのですが、どちらか一方に踏み切れないということで、両方使ってみることにします。


1階をLIXILで、2階をTOTOです。
交換したトイレは、TOTO、リクシルともにリモデルトイレ(交換用のトイレ)です。

LIXILアメージュZリトイレ(フチレス)床排水手洗い付き 大5L/小3.8L 便器BC-ZA10H タンクDT-ZA180H

LIXILアメージュZリトイレ(フチレス)

LIXILアメージュZリトイレ(フチレス)床排水手洗い付き ECO5 大5L/小3.8L
便器YBC-ZA10H タンクYDT-ZA180H
1階で使用しています。



TOTOピュアレストQRリモデルタイプ 床排水手洗いなし 大4.8L/小3.6L 便器CS230BM タンクSH231BA
TOTOピュアレストQRリモデルタイプ

TOTOピュアレストQRリモデルタイプ 床排水手洗いなし 大4.8L/小3.6L
便器CS230BM タンクSH231BA
2階で使用しています。





スポンサーリンク

はじめに

アクアセラミックとセフィオンテクトのロゴ

トイレ選びで基本かつ重要な比較ポイントは2つあります。
汚れにくさ
節水性能


ウォシュレットなどオプションは別にして、大事なのはトイレ本来の基本性能ですよね。



1.汚れにくさ
つまりどれだけ掃除をしなくてすむか

2.節水
つまりお金がかからないのか

■ポイント1【汚れにくさ】
ほとんどの人がトイレの掃除はしたくないはずです。
汚いし、それに疲れます。
当たり前ですが汚れなければ掃除しません。

汚れにくさ=掃除しなくてすむ

そして空いた時間でくつろぐことができます。



■ポイント2【節水】
トイレに水を流しますよね。
そして水は水道局から買っています。
つまりお金をトイレに流しているようなものですね。
一日何度も流すお金は、少なくしたいです。



それでは具体的に見ていきましょう。

スポンサーリンク

「セフィオンテクト」と「アクアセラミック」の汚れにくさの違い

TOTOとリクシルともに陶器性能に名前を付けて、「汚れにくさ」性能の高さをアピールをしています。

TOTOは「セフィオンテクト」
リクシルは「アクアセラミック」



まずは両社のアピールポイントから比較してみましょう。

LIXILの「アクアセラミック」

LIXILの陶器の表面加工を「アクアセラミック」といいます。
この性能アピールをLIXIL公式ホームページから引用します。

”従来の陶器ではできなかった「ガンコな水アカ」も「汚物」もどちらも落とせる、お掃除ラクラクな衛生陶器です。さらにキズが付きにくく、ISOに準拠した抗菌(銀イオン)パワーで細菌の繁殖も抑えます。”

 注目! LIXILは性能を4つに分けて、アピールしています。



※言葉の違いと意味
「ハイパーキラミック」「プロガード」
「キラミック」
「アクアセラミック」
LIXILの性能を調べていくと、これらの言葉が出てきます。
LIXILのトイレ性能を理解する重要なキーワードですが、違いが分かりづらいのでLIXILお客様サポートに確認の上で情報を整理しました。


簡単に説明すると順に性能が良くなってきています。
キラミック(初期)

ハイパーキラミック+プロガード(中期)

アクアセラミック(最新)



意味を確認します。
・キラミック(初期)
一般名称です。
ジルコン鉱物でキズに強く、銀イオン抗菌の陶器性能です。


・ハイパーキラミック(中期)
キラミック性能のリクシルの商標(造語)です。
キラミックと内容は変わりません。


・プロガード(中期)
15年持つ撥水で汚れにくくする後付けの表面処理です。
汚物や水アカを防ぎます。
現在は「アクアセラミック」にこの性能が吸収され、今後サービスしなくなります。


・アクアセラミック(最新)
いままでの機能をすべてにおいて上回る最新の表面加工です。
間違いなくこれを選びましょう。



さらに詳しく知りたい方は、LIXIL公式資料のこちらこちらが参考になります。

ここが注意ですが、
我が家の購入時は主力商品ではアクアセラミックのみでした。
現在は主力商品が中期のハイパーキラミックになってしまい、「チェンジオプション」という言い方で、最新のアクアセラミックに変更できるようになっています。

間違ってそのまま一つ前の「ハイパーキラミック」を買わないようにしてください。

それではなぜ性能の劣るハイパーキラミックを販売しているのか?

メーカー曰(いわ)く、求めやすい低価格帯の商品でニーズを引き込みたいからとのことです。
ただ値段差は主力商品で1万円程度です。

注意

リクシルなら「アクアセラミック」を選ぶ。
性能が劣る一つ前世代の「ハイパーキラミック」を選んではいけない!






それではTOTOはどのようでしょうか。

TOTOのセフィオンテクト


対するTOTOの陶器の表面加工を「セフィオンテクト」といいます。
この性能アピールをTOTO公式ホームページから引用します。

超平滑:陶器表面の凹凸をなくして汚れやカビをツルッと落とします
耐久性:2層の構造で、新品の輝きをずっと守ります
親水性:陶器表面に水がなじむので、汚れを浮かせて落とします

 注目! TOTOは汚れ落としと、輝きをアピールしています。


※さらに気になるセフィオンテクト加工はこちらが参考になります。

セフィオンテクトに黒ずみは?サンポールは使える?など質問に答えます!
TOTOのセフィオンテクトは良さそうだけど、お手入れは難しいのかな?【実際に使っている】経験から気になる疑問に答えていきます。




よくアピールポイントを比較してみると、
リクシルにはあってTOTOにないことがあります。
「抗菌性」「水アカ」です。
ではこの2つを調べていきましょう。



まずTOTOは抗菌性をうたっていないです。
それに対してLIXILは、抗菌の国際規格ISO22196に準拠した抗菌性能を保つとしています。

しかしTOTOの取扱説明書によれば、セフィオンテクトは抗菌性能のJIS Z2801基準を満たすと明記されています。
せっかくの抗菌性能があるのにアピールされていません。
もったいないですね。


さて2つの抗菌性能の違い、TOTOの国内規格(JIS)と、LIXILの国際規格(ISO)の差は何でしょうか?


LIXILのFAQにはこんな記述がありました。
”経済産業省と抗菌製品技術協議会の推進によって、抗菌JIS(JIS Z2801)がISO規格(ISO 22196)になりました。”

つまりTOTOもリクシルも同じ抗菌性能の衛生基準を満たしていることになります。




リクシルにあってTOTOで言われていない「抗菌」は、実はTOTOも持っていることが分かりました。
次に「水アカ」についてはどのようでしょうか。




メーカーの言うところは分かったので、実際に使って汚れ具合を見ていきましょう

汚れやすいところは?

普段のお手入れの頻度ですが、
便器内に大の汚物で汚れたときに部分的にする程度で、不定期です。



どこが汚れていくのでしょうか。
順に見ていきましょう。

■ 水アカ汚れはどちらもほぼなし

LIXILとTOTOの水アカ汚れの違い
LIXILとTOTOの水アカ汚れの違い

水を流して乾いてから、便器内の表面の拡大写真です。
TOTOは水アカ汚れに対してのアピールはしていないのですが、実際のところは両社に違いは見られませんでした。
どちらも水滴が乾いた輪の跡がある程度です。

リクシルの方はTOTOのセフィオンテクトに対して、この点がまさに優れていると言っていたのですが、TOTOの性能との目に見えての違いがなさそうです。


■ 水面の境界はTOTOが汚れやすい

次に水面との境界はどのようでしょうか。
古いトイレはよくここが汚れました。

LIXILとTOTOの水面境界の汚れの差
LIXILとTOTOの水面境界の汚れの違い

LIXILはほとんど汚れ線がでていませんが、TOTOは汚れ線を意識できるレベルです。


汚れ付きにくさ性能としてLIXILのアクアセラミックが、TOTOのセフィオンテクトより優れていそうです。
ほとんど掃除をしたい状態での結果なので、普段定期的に掃除をすれば、汚れ線はできないでしょう。
TOTOの汚れ線ができてはいますが、従来の便器に比べると、格段に汚れにくくなっています。



表面に汚物がつきやすいのはTOTO

TOTOの汚物の付くところ
TOTOの汚物の付くところ

TOTOだけなぜか決まったところに汚物がつきます。
LIXILはほぼつきません。


考えられる原因をあげてみます。
・水の親和性
・水面の面積
・水流




  水の親和性
まず水との親和性はLIXILとTOTOどちらもうたっていますが、その違いでTOTOの左右の汚物のつく、使いないの違いはでないはずです。


試してみましょう。
LIXILとTOTOそれぞれ便器をキレイに洗ってから墨をつけて流してみることにします。

TOTOの場合

TOTOの水との親和性

上下と左右対称に均一に墨が残りムラなく落ちています。
実際の動画はこちら


LIXILの場合

LIXILの水との親和性

全体にムラがあります。
実際の動画はこちら


そして2つを比べると、LIXILはTOTOに比べて墨を塗っているときから、すぐに水をはじいていきます。
したがって水との親和性はTOTOの方が高いといえます。
ただ親和性が高いのが、汚れにくさとは限りません。

また問題としたTOTOの左右の汚れの左右の差は、この点が原因ではなさそうです。



  水面積
次に水面積はどうでしょうか。

LIXILとTOTOの水面積の違い
LIXILとTOTOの水面積の違い

水面積を比較してみると、LIXILのほうが大きいです。
乾いた陶器の表面に比べて、水面は汚物の密着が防げます。
したがって水面積が大きいほど汚れにくいといえます。

しかしこれも左右の違いは説明できません。



  水流
最後に水流の違いを検討してみます。

LIXILとTOTOの水流の違い
LIXILとTOTOの水流の違い

LIXILの「パワーストリーム洗浄」と、TOTOの「トルネード洗浄」で名前が違いますが、どちらも外側から内側に弧を描く水流です。

違いは排水口からの水流の数で、LIXILが1つ、TOTOが2つです。


動画でも違いを観察してみます。
まずはLIXILから。

見るポイントは水流の出るところが1つなのと、水が中央の水面付近にどのように流れ込むかです。
LIXILアメージュZリトイレ(フチレス)床排水手洗い付き大5L小3 8L

観察すると、一つのまとまった水流できれいに円をかいてくるくると回り、最後は水が一度なくなるまで吸い込んでいます。



次にTOTOを見てみましょう。

見るポイントは水流の出るところが2つなのと、水が中央の水面付近にどのように流れ込むかです。
TOTOピュアレストQRリモデルタイプ床排水手洗いなし大4 8L小3 6L

観察すると、LIXILのように円を描いて回るというよりも、TOTOは外側から斜めに下に流れ込む水流です。
そして最後は自然と水流がなくなり、最後の吸い込みはありません。



残念ながら目視でTOTOが左右の水流の違いが原因で、汚物がつきやすいとは判断できないです。
しかしながら、

左右の汚物のつくつかないの違いは、理屈から水流によるもの差と考えられます。



TOTOは汚物が便器につかないための水面積が小さく、ついてしまった後のTOTOのセフィオンテクトの親水性の表面加工でも、最後の決め手である水流のムラが、汚物の左右の残りの違いを生んだ原因といえそうです。




ふちの内側が汚れるのがTOTO

LIXILの「フチレス」、TOTOの「フチなし」言葉だけ見ると同じようにフチがないように思えますが、実は大きな違いがあります。
うっかり言葉だけにだまされてはいけません。


TOTOは洗浄水や、尿の跳ね返りを防ぐために「返り」があります。

LIXILとTOTOのフチの違い
LIXILとTOTOのフチの違い

返りの部分は汚れができそうです。


返りの部分は普段使いだと見えないのですが、どうなっているのでしょうか。
おそるおそる視線を下げてTOTOのフチの返りをのぞいてみます。





ドキドキしますね。





写真は大きくするとインパクトがあるので、少し遠くから。

TOTOの便器で手前のフチ返りの汚れ
TOTOの便器で手前のフチ返りの汚れ

残念ながら汚れが発生しています。
なぜでしょうか。


LIXILとTOTOの便器手前のフチ付近の水流を見比べてみます。


まずはTOTOから。

見るポイントは汚れているところに水流がかからないところと、水流の強さです。

TOTOフチ付近のトルネード洗浄

カビの汚れているところを水が流れず、汚れをさらっていないことが分かります。



次に汚れにくいLIXILを見てみます。
見るポイントは、同じように水流がフチ全面にかかっているかと、水流の強さです。

LIXIL便器フチ付近のパワーストリーム洗浄

水流を観察すると、LIXILはTOTO同様にフチ全面に均一には当たってはいませんが、水流は強く吐水口が1つためか、ぐるぐると水流が回ります。


2つを比べて見ると、
TOTOは2つの吐水口から水流が回りますが、勢いは2つに分散されるためにLIXILに比べて弱いです。
その分「汚れを流す力」が弱いです。



したがってTOTOのフチの汚れとカビの発生は、
1.フチ面の不均一な当たり方で、カビの栄養分の汚れが残ってしまっている
2.空間の覆いによる湿度がたまる
3.水流の強さ不足で、汚れが取り切れていない

の3つが原因といえそうです。


まとめると、
TOTOもLIXILも水流はフチを均一に流しきれてはいません。

しかし

TOTOはフチに返りがあるので、空間が覆われ風の通りが悪く、湿気がたまりやすくなる
これがLIXILとTOTOのカビの発生の分かれ目になっているといえます。


お手入れの違いが分かったところで、次は節水性能を見てみましょう。

スポンサーリンク

節水性能

交換した2年前の2017年当時のから、節水性能は2019年6月時点でお互いに変わらず、多少TOTOが優秀です。
TOTO 大4.8L/小3.6L
LIXIL 大5L/小3.8L


節水能力は水道料金をパワフルに減らします。
トイレの水の使用量は、毎日何リッターもの水を、家族の人数分流していくので、家計の見直しとしての効果が高いです。


我が家では年間で約2万円強の節約になりました。
下記の記事で詳細が分かるのと、元が取れるのはいつなのかよくわかります。

毎年2万って助かるわ

トイレの取り換えを安くした4つのコツ【自宅の実例】
実際にTOTOとLIXILのトイレ交換を踏まえて、節水とお手入れの性能を守り、ムダを省き節約した商品選択と、DIYでの取り付けメリット、節水でいくら節約になるのかなどを分かりやすく伝えていきます。



ところで節水性能が高いに越したことはないのですが、モノが流れないと問題外です。
TOTOとLIXIL両方ともに水量を増やせる仕組みがありした。
LIXILの施工説明書によると、自治体によっては洗浄水量が決められている地域があるようです。


TOTOは大6L、小4.8への変更が、タンク内の調整で可能です。
LIXILも大8L、小6Lへの変更が可能ですが、別途部品が必要になります。


参考までに、以前自宅の屋外配管が劣化し漏水して、水道屋に交換してもらったときの話ですが、
節水タイプトイレは詰まりやすいとのことです。
使ってみて流れにくいようだったら、水量を増やせることができるので安心ですね。

スポンサーリンク

その他の比較

少し気になった細かい違いを上げていきます。




座面の下の掃除のしやすさ

LIXILとTOTOの便座の外し方
LIXILとTOTOの便座の外し方

我が家のタイプはリフトアップといってレバー一つで上がるタイプではありません。
しかし男性は前向きに座って、小便をすれば便器と便座の間が汚れることはほぼありません。


ただ外すのもそれほど煩雑ではなく、どちらもプラスチックのボルトから、ナットを2本外すと便座が外れます。
3分ほどの作業時間です。


LIXILとTOTOの便座を外した状態
LIXILとTOTOの便座を外した状態

どちらも外すと掃除は突起などなく、外して隠れていた面も、便器と同じ表面加工なので、軽くふくだけで簡単に汚れが取れます。



取り付けしやさ

この点は自分で取り付けする人の場合です。


LIXILは排水との接続で、掛りがあったりと、便器の取り付けしやすさが良かったですね。
そのほか細かい所に気を使っている気持ちが、取り付けていて伝わってきました。

TOTOは旧便器と新便器の差の図面がFAXでもらえたので、旧便器が乗っていた床面が、新便器で隠れるのが安心できました。



大小レバーが逆

TOTOとLIXILのレバーの大小が逆
TOTOとLIXILのレバーの大小が逆

どうでもいいようなことですが、レバー操作が反対になります。

たしかにどうでもいいわ




スポンサーリンク

TOTOとLIXILどっちがいいのか?

我が家の交換の理由はどちらかというと節水のお金でした。


節水性能の点ではTOTOのほうが節水性に優れていますが、その差は0.何Lのささいなものです。
それよりも重要なのは、リクシルのフチの掃除のしやすさ、汚れにくさです。


TOTOとリクシルは多くの方が迷うところです。
私も迷いました。
しかしこうして分かったのは多少の節水性能の差と、お手入れの頻度を天秤にかけると、汚れの付きにくさが高く、掃除が少なくてすむリクシルに軍配が上がります。


新しいトイレで「嫌な現実」が、「懐かしい記憶」に代わります。
汚ないトイレの掃除をより楽にするLIXILを、ここまで読んていただいたあなたに自信をもってお勧めします。


まずは見積もりから第一歩を始めます。
無料で効率よく見積もれるサイトを紹介しておきますね。

リショップナビ

おすすめの記事

話題のくっつかない「しゃもじ」で、さらなるストレスフリーを体験

マーナの【くっつかない】極しゃもじレビュー
実際に使ってみて分かってきたレビューを、他の競合品と合わせて比較検討します。購入前にぜひ参考にしてください。

物件を探すのなら中古の戸建てがオススメです。

【実体験から語る】中古の戸建選び6のポイント-条件編-
柱や水回りなどの実際の物件ではなく、部屋数や実家からの距離、駐車場付きが良い理由など、物件を探す【前段階の】条件をまとめていきます。

値段が高くなりがちな水回りの工事を、いかに安く済ませるか。
実際に行ったことを分かりやすく要点を絞ってお伝えします。

トイレの取り換えを安くした4つのコツ【自宅の実例】
実際にTOTOとLIXILのトイレ交換を踏まえて、節水とお手入れの性能を守り、ムダを省き節約した商品選択と、DIYでの取り付けメリット、節水でいくら節約になるのかなどを分かりやすく伝えていきます。

自信をもって安い電力会社を使っていますか?
人気の21社をExcelで関数を入れ込みで料金比較をし、実際に切り替えました。

安い電力会社は【エルピオでんき】Excelで21社を比較して分かったその安さとは?
実際に料金を調べたランキングや、電力会社のメリットデメリット、そして実際の最安値の電力会社への切り替えをレビューしていきます。

壊れにくく、きれいなステンレスピンチハンガーをもう使っていますか。

ステンレスピンチハンガーおすすめを無印やコストコ、大木、アイリス、パール金属、ニトリの人気の6社で比較
所有や、店舗調査をして実際の違いを解説。一つだけでは分からない、6社を比較して見えてくる購入のポイントをまとめます。購入済みの人は見るとガッカリするので見ないでください。

コメント