セフィオンテクトは手洗いも?黒ずみはできるの?などのいろいろな質問に答えます!

手洗い部分もセフィオンテクトか住まい

TOTOのセフィオンテクトがよさそうだけれど、

手洗い部分もそうなっているのかな?

セフィオンテクトなら黒ずみはできないのかしら?

セフィオンテクトってサンポールは使るのかしら?

ブルーレットは使っていいのかな?

そもそもセフィオンテクトって、

お手入れはどうすればいいのかな?

こんな疑問に答えていきます。
実際の使用経験とメーカーの情報を総合して、分かりやすく解説していきます。

我が家ではTOTOの旧タイプから、新タイプのセフィオンテクトに交換して使っているので、セフィオンテクト性能がありなしで違いがよく分かります。

気になるTOTOの陶器性能、セフィオンテクトの扱い方

スポンサーリンク

はじめに

我が家で使い始めたTOTOトイレはセフィオンテクトです。


特にタンクレスの高級タイプではないのですが、グレードに関係なくセフィオンテクト性能はついてくるのがうれしいですね。

冒頭にも伝えましたが、以前のトイレはTOTOでも旧式だったので、汚れがひどく、黒ずみや、黄ばみが大変でした。
2年ほど前にTOTOのセフィオンテクトの陶器性能タイプに変更したので、実際に使ってみたレビューができます。



それではセフィオンテクトの気になる点を上げて、答えていきます。

スポンサーリンク

セフィオンテクトとは?

気になる点と行きたいところですが、
その前にこれからの説明に確認しておきたいので、セフィオンテクトの機能を押さえておきます。

セフィオンテクトとは、TOTO独自に開発した便器や、タンク、洗面器もそうですが表面を非常につるつるにして汚れを付きにくくした、陶器の表面加工のことです。

またアピールされていないのですが、JIS基準の抗菌性能も持っています。


表面の拡大写真も見ておきましょう。

セフィオンテクトの表面拡大写真




さてセフィオンテクトの性能を理解したうえで、気になる疑問に答えてきましょう。

スポンサーリンク

手洗いはセフィオンテクトか?

手洗いはセフィオンテクトか?

→手洗い部分もセフィオンテクトです。


特に汚れやすい水の出る付け根と、水が落ちる穴付近もセフィオンテクトです。

ほとんど掃除してないですが、前ほど汚れません。


汚れるのは下の写真の通りやっぱりいつものところです。
仕方ないですね。

スポンサーリンク

セフィオンテクトは黒ずみができるのか?

セフィオンテクトは黒ずみができるのか?

→できません


黒ずみはできませんが、汚れるのは2つ

水面の境界に少し汚れ線ができるのと、フチの返りが汚れます。

とくにフチの返りの部分は、汚れます。
掃除がしにくいので一番いやなところですよね。

スポンサーリンク

セフィオンテクトの【実際の】お手入れ方法は?

セフィオンテクトの【実際の】お手入れ方法は?

→ほとんど必要ないです


洗剤などは使わないで、ブラシでこするだけでキレイになります。

ただブラシは汚くなっていくのと、入れる容器も汚くなるので、今度はこれを使おうと思っています。
使った汚いブラシ部分だけ流して捨てられる!

こんな便利なものがあったんですね。


お値段がちょっと高いですが、
1.ブラシが汚くならない
2.容器が汚れない
3.容器に入れるまでに水がたれる心配がない
きれい好きにはとっても気になります。

スポンサーリンク

セフィオンテクトに洗剤は必要か?

セフィオンテクトに洗剤は必要か?

→必要ありません


普段はほとんどブラシでこするだけで問題ないです。
TOTOの説明では、必要な時に中性洗剤を使ってくださいとあります。

スポンサーリンク

セフィオンテクトにブルーレットは使えるのか?

→使えません


理由は2つ
1.手洗いのところに置くタイプは、水があふれる恐れがある

タンク内に入れるタイプは、中でつかえて水が止まらなくなる、もしくは水が出なくなるケースがあるためです。
TOTO 参照先


2.意味がない
セフィオンテクトのなめらかな表面に、ブルーレットのすべらかコートをのせることになるのでムダだからです。

セフィオンテクトにブルーレット

TOTO 参照先


さらにブルーレットの仕組みを見てみます。

ブルーレットの仕組み
やっていることはセフィオンテクトと同じ

小林製薬 参照先


セフィオンテクトの仕組みも見てみましょう。

セフィオンテクトの仕組み

TOTOが説明しているように同じことしています。
なので必要ないですね。

スポンサーリンク

セフィオンテクトにサンポールは使えるのか?

サンポール

→使えます (ただし手洗いには使えない)


TOTOのお掃除例として尿石の掃除に「サンポール」の商品名を上げています。

また普段のお手入れ方法として市販の酸性洗剤の使用ができるとしています。

ただし手洗い部には使えません。
理由は流れて内部に入り、酸性に弱い部品を傷めるからです。

TOTOの説明をそのまま引用しましょう。

“タンク内部は、樹脂製やゴム製の器具を多く使用しておりますので、酸性・アルカリ性洗剤や芳香洗浄剤は器具を傷め止水不良などの不具合や水漏れして家財などをぬらす財産損害発生のおそれがあります。”
TOTO 参照先



サンポールはあまりにも有名なのですが、あらためて調べてみました。

サンポールは酸性というのはよく知られています。
これに加えてマイナスイオンの力もあり、その症状効果で汚れを落とします。

この除菌効果は99.99%でニオイと汚れの細菌をなくすとあります。


ちょっとサンポール見直しましたね。
なければ置いておきましょう。

解説動画も説得力がありました。

スポンサーリンク

セフィオンテクトにメラミンスポンジは使えるのか?

セフィオンテクトにメラミンスポンジは使えるのか?

→使えます


TOTOによるとキチンと使えると明記しています。
TOTO 参照先


また手洗い部分には使えませんとあります。
TOTO 参照先
引用しましょう。
“削りかすがでますので、タンク上の手洗器に使用するときは、かすがタンク内に入らないようにしてください。かすが入ると、タンク故障の原因になります。“

「使ってもいいですが、カスは流さないでくださいね」
ということです。


また同じスポンジでも、研磨剤対はNGです。
せっかくのセフィオンテクトを痛めてしまいます。

3M ScotchBrite スコッチブライト ウレタン スポンジ たわし コゲ落とし 鍋 抗菌

メラミンスポンジには研磨剤は入っていないのですが、スポンジによっては片面が緑色で研磨剤付きのものがあるので、これは使用できません。




100円ショップのメラミンスポンジを使っていたこともあるのですが、ポロポロとすぐに砕けてなくなってしまいます。
結局、激落ちくんの方が安いのが分かりました。

スポンサーリンク

セフィオンテクトと、LIXILのアクアセラミックどちらがいいのか?

→LIXILです

実は我が家で1階と2階で両方同時に交換して使っているので分るのですが、汚れにくさがLIXILが性能が高いといえます。


気になる理由は別記事にまとめてあります。

TOTOとリクシルの違い。両方同時に使って分かった汚れにくさ
TOTOとLIXILどっちがいいのか? メーカー広告はいいことだけですし、どちらか一方のレビューでは個人の主観なので、いい悪いの客観性がありません。2つを比較してなぜLIXILがフチの違いと、汚れにくさでで優れているのかを、写真や動画で説明していきます。

コメント