子供と遊ぶ、木の幹で簡単すてきな植木鉢作り

スポンサーリンク
子供と作る幹から植木鉢 DIY

自宅の植木を切ったので、せっかくなので子供と一緒に植木鉢にしてみた。

 

自宅で伸びすぎる木を定期的に切っては捨てていました。
ふと植木鉢にしたら面白そうと思い、
子供も興味ありそうだったので一緒に植木鉢にしてみました。


簡単にできるので皆さんもぜひお試しを。


スポンサーリンク

はじめに

作業時間
1時間


必要なもの
のこぎり
切り出した幹
ドリルと木工キリ
ノミ
かなづち
植える植物


費用
オジギソウ 80円
ローズダリス 150円


作業工程

木を切る

木を切る

のこぎりで切り落とします。
一つは平らに、もう1つは少し斜めに切り落としました。
斜めにするとまた趣がありそうだったので。
刃は荒いものが良いですね。

木の種類は分かりません。
水分の多い植物でじわじわと出てきます。



ドリルで荒堀

ドリルで穴を掘る

小さいドリルだと力負けしそうなので、
力の強いドリルで木工キリの直径30mmで穴あけ。
サイドの持ち手も付けて子供にも一緒に持たせてあげました。


幹の斜めのところが一カ所ドリルが突き抜けました。
 >子供「どーするのー?」
 >私 「石でも詰めとけばいいでない?」
ご愛敬(あいきょう)です。


穴掘り仕上げ

ノミで穴を整える

ノミでドリルの残しを取っていきます。
これは危ないので大人だけで。



穴掘り完成

ノミで仕上げた後です。
上の左寄りの丸く残っているのは貫通穴。ご愛敬(あいきょう)の部分です。


植物買い出し

近所の苗木屋さんに一緒に何を植えるか買いに行きます。
歩いて5分ほど。


次男は前から欲しいと言っていたオジギソウに決定。
長男は前から欲しいと言っていた小さいゴールドクレストは売り切れていました。
残念。
代わりにそれに近いローズダリスにしました。



植栽

植栽

子供の出番です。
長男は仕上げに、どこで集めていたのか、白い石を敷き詰めます。
雑草防止だそうです。



完成

2種類の幹の植木鉢が完成

最後に水をたっぷりあげて完成です。
お互い好きなところへ置きます。
簡単にできて、費用もそんなにかからず、
どこかで売れそうなほどの仕上がりです。


さいごに

試される方へ
ドリルがない場合はホームセンターで貸し出しをしている場合があります。
ただ刃は付いていないことが多いです。



オジギソウはその後、冬に枯れてしまいました。
多年草(一年では枯れず、翌年も出てくる)ではあるのですが、寒さに耐えず枯れてしまうそうです。種も安く出ているので、今度は種まきから育ててみます。


子供は触ると閉じるのがとても面白いらしく、すべて閉じるまでずっと触っています。
そういえば自分も遠い昔に親に買ってもらった気がします。


お勧めの記事

-実践-クロス壁についたサビ付き画びょうの穴埋め方法
壁にから抜いた画びょうの穴と、サビを落として埋めた方法です。家庭にある酸素漂白剤や、重曹、歯磨き粉などを使って、作業もとっても簡単です。ぜひお試しください。
スマートスピーカーを子供と使うメリット、デメリットと5つのこと
子供がどのようにGoogle Homeを使うのか、どこに注意するのか気になる点をまとめてみました。 最近導入された子供の使用を制限する機能Digital Wellbeingも紹介します。 近況を随時更新していきます。

コメント