子どもの自転車ライトは【日中も点滅】が絶対安全!

自転車ライトおすすめ子供

子どもの運転がおぼつかないので、夜はライト点灯、昼間は点滅させたい

でもすぐ壊しそう

壊れてもあきらめの付く値段のものが欲しいわ

幼児の自転車にはライトがありません。
小学生の自転車にダイナモライトはあるので夜はいいのですが、点滅はしません。

百均のライトを使って夜に点灯、日中に点滅させていたのですが、すぐに壊すし、明るさも足りないので、子どもの安全とお財布を考えて最適な点滅ライトを探し出しました。

ぜひ子どもの安全のために検討してみてください。

子どもの後付け自転車ライトはホルダーとライトで決まり

スポンサーリンク

はじめに

デメリット

不安定な子どもの自転車運転

現在一人で自転車に乗ることはまだなく、また車道を走ることは少ないのですが、走り方が危なっかしいです。


下の子はとくに、自転車でポールに正面からぶつかるくらいに、自転車の乗り方がへたくそです。
このことだけはなく性格の問題もあるのか、いくら言っても直りません。
体で覚えてもらうしかないのですが、人に当たれば凶器にもなるので、できる対策は必要です。


普段から親の後ろをピッタリとついてくるように言ってはいるのですが、すぐに意識が薄れてヘロヘロと蛇行してしまいます。


また日が落ちても子供は目がいいので見えなくなる問題ないですが、大人の相手からの認識が落ちるのは問題です。

日中のライト点灯で安全に

このように子どもはおぼつかない運転なので、日が落ちてからの点灯はもちろんですが、日中でも明るく点滅させて、車や歩行者への認識を高めたいのです。


一方で日中の点灯は批判的な考えもあるようですが、安全性を高める意味で自転車メーカーや、警察の考えは日中点灯をすすめています。

バイクもそうであるように、日中もライト点灯でかつ、認識度が高く、相手がまぶしくない、電池の持ちが良い「点滅」できるのが希望です。


ただ夜間の点灯か、点滅か、では賛否両論ありますが、点灯が良いのかと思います。



小学生低学年の子の自転車にライトはありますが、点滅はしないので2人そろって付けることにします。

100円均のライトは壊れる+明るさ不足

100均ダイソーの自転車ライト

夕方の親子での走行中に警察でとめられて勧められたので、点滅するダイソーの自転車ライトを使っていました。
ですが子ども2人で3回もホルダーとライトの接続を壊しています。


自転車を止めるのがへたくそなので、少し坂だと決まって倒します。
倒れるとその衝撃で、ホルダーのライト接続部分に負担がかかり折れてしまいます。

一方で100均のライトは日中の明るさはやっぱり不十分です。


夜は街灯があるのでいいとしても、日中も点滅で使いたいのですが、昼間は日の光が明るくて、100円のライトでは太刀打ちできません。

ただ盗難にあっても、倒したりする衝撃で外れて壊す確率も高いので、あまり高価なものもは使いたくないのです。

スポンサーリンク

自転車ライトを探す

調べる

自転車ライト選びの3つのポイント

自転車ライトのレビューを調べて分かったことが3つあります。
1.光の角度
正面に向くとまぶしくて、下向きのライトが望ましい
これは自動車と一緒で、ハイビーム(正面、対向車がいない+暗い時)とロービーム(下向き、通常時)と同じ考えですね。

光の角度が広がりすぎて、上の方を黒いテープで覆って使っている方もいました。


2.まぶしくさせない
また明るすぎるとまぶしいとのレビューがいくつかありましたが、これは角度で解決できそうです。
今回は日中に点滅させたいので、明るさは確保したいですね。


3.中華製の品質の悪さ
Amazonレビューによると中華製は接触不良や、ホルダーの破損、衝撃で外れる、防水不良、もっとひどいと色違いが送られてくる、形が違う、そもそも送られてこないなどレビューが大変悪いです。

サクラのレビューも多く、Amazonなどでは星1つのレビューを見ないと本当のことが分かりません。

信用できない自転車ライトの比較サイト

サイトの作りはキレイでいいのですが、実際に使っていないだろう人の紹介が多く、悪評の多い商品を平気で紹介しているので信用できません。


テキトーに選んで紹介している感がぬぐえないのです。
こんなのがいくつも検索でヒットします。


私も苦労しましたが、これでは選ぶのが大変ですね。

実際の使用している人のレビュー

▶日本製の「キャッツアイ」
キャッツアイは日本製で品質が良いとのことです。
他の方のレビューも価格の安さと、明るさから中華製を購入、何度か失敗を繰り返して「キャッツアイ」に落ち着くようです。
しかし今回は見送ります。

理由は明るさのわりに値段が高いのと、ホルダーの接続の強度不足です。
プラスチック製で、ホルダーだけの販売はありますが、本体側の接続が割れてしまうことも考えられるからです。


中華以外の海外のメーカー
これもまた性能に対しての値段が高く、レビューを見ると製造は中華製と同じレベルの欠陥レビューもあり踏み切れません。

スポンサーリンク

おすすめの自転車ライトは?

おすすめ

今までを踏まえて自転車ライト選びの条件を整理します。
 ▶ ホルダーとライトの接続が折れない
 ▶ 価格が安い
 ▶ 点滅する
 ▶ 明るい


条件が整理できたところで、商品を探してきます。

こういう時はAmazon頼りですね。
楽天よりAmazonの方がレビューが具体的なことが多く、商品の取りそろえはどうしようもないのから、お値段以上まで幅が広いからです。

ホルダーとライトを別にする

自転車ライトのホルダーとライト本体の接続がなんども壊れたので、そこを解決しなければなりません。


自転車を倒した衝撃が、本体の重さに対してホルダーの接続が耐えきれないらしく、プラスチック部分が折れてしまうのです。

この接続が金属のモノがいいのですが、そこまでの情報がなく、写真から判断するとほぼありません。


したがってホルダーと、ライトを別にすることにしました。


これであればどちらが壊れても、片方だけの交換で済みますし、ホルダーにはまるものであれば、ライトの選択肢は広がり、より良いものが低価格で手に入ります。

リスクの分散ですね。

ライトホルダー

自転車ライトホルダーはそもそも商品数が少ないのですが、ゴム式とパッチンロック式に分かれます。

パッチンロック式レビューがあまりよくないので、ゴム式の価格が安く、その割には外れにくいこの商品を使ってみることにします。


製品名は「ドリームスポットオリジナル- LED フラッシュライト自転車取付用ラバーマウント 【23-28mm】2個セット 」

上下はもちろん自由ですが、水平方向にもかみ合わせをかえることで回転できます。
ただ固定は何度も動かすと劣化でガタツキそうなので、子どもにはムダに遊ばないように言っておくのが良いでしょう。

上下角度は対向車がまぶしくないように下向きに設置します。

ゴムの硬いのはお湯につけて柔らかくしたレビューがありました。

もし個体差で硬ければ役に立つ情報です。
使っているうちにゆるくなったら、逆に締め付け状態で癖付けしてあげれば復活するかもしれません。



姉妹品がいくつかあるようで、ネジがプラスチックのモノもあるようです。
今回のは鉄製なので強度はありますが、サビます。
気になるようならステンレスに変更するつもりです。


下の子の自転車はハンドルのアームが細く、ネジで締めきれなさそうだったので、ゴムを間に挟んで固定しました。
実際に下記のライトをつけたところ、走行していてもゆるくなることなくしっかりと保持できます。

ライト

価格の安さと、中華製の品質ばらつきを入念にチェックして決めたのがこちら。
「CREE Q5 LED ハンディライト ズーム機能付き 3モード (本体のみ, ブラック2) 」


スイッチで明るい点灯、暗い点灯、点滅、消灯を繰り返します。
また点灯時に半押しでも切り替えることができました。


仕様にルーメン数はないのですが、これで電池一本かと思うくらいに明るいです。
なので日中の点滅もしっかりと認識できる明るさがあります。


ダイソーのモノと比べて見ましょう。

ダイソーとCREE Q5の外観の違い
ダイソーとCREE Q5の明るさの違い
ケタ違いの明るさ

思っていた以上の明るさに満足です。


防水性は電池の挿入口にはゴムパッキンがあり、多少の雨なら問題なさそうです。

ゴムパッキン付き

本体もアルミ合金とのことで、アルミは本来サビないので、合金度合いによりますが、鉄よりはサビにくそうです。


焦点も変更でき、ほぼ直進からかなりの広角まで変えられます。

焦点を絞る
焦点を広げる
スポンサーリンク

まとめ

ライトホルダーとライトの2つの組み合せになったのですが、希望がしっかりと満たされました。


価格もホルダーとライトで500円程度です。
これなら壊れたり、盗られてもあきらめがつきます。


見た目もかっこよく、2人も満足してもらえたようです。
ライトを取り外して、焦点を絞って夜空の遠くまで照らして遊んだりできます。


ただ注意として2点
▶海外発送なので日数がかかること。

わが家では一カ月ほどかかりました。気を長くして待つ必要があります。

▶悪徳業者に注意
Amazonのシステムでは同じ商品なら違う販売業者でも同じレビューが共有されるようで、中には本体料金が安いのに確認画面で配送料金が跳ね上がったり、送料無料が確認画面では有料になったり、勝手にキャンセルなどもあるようです。

製品は価格のわりに良いので、しっかりと確認画面の金額を確認の上購入をお勧めします。

自転車の取り付けるハンドルのアームが細そうならゴムパッキンを使いましょう。

コメント