子供と作って楽しいカンタン巨大ゼリー【缶詰3つ分】

巨大ゼリー作り方子供

子供と簡単に楽しめて、おいしく食べられるゼリーを作ってみましょう。

作業時間は20分

子供の楽しめるカンタンさ

でも食べるのは1分!

かんたん巨大ゼリーの作り方

スポンサーリンク

材料など

フルール缶詰3缶
耐熱ボール、なければ金属でも、鍋でもOK
ゼラチン

たったこんだけです。
砂糖などは加えなくても缶詰に入っているシロップだけで十分な甘さですよ。


用意しておけば、雨でどこにも行けない日でも楽しめます。

スポンサーリンク

缶詰を選ぶ

楽しい缶詰選び

家にあった缶詰は5つ
白桃
パイナップル
フルーツミックス
マンゴー
みかん

耐熱ボールは1500mlなので、1缶が425mlなので3缶が限界です。
なので3つに絞ります。

どれにしようか楽しい選択タイム

一人一缶選ぶことで
みかんと、パイナップルと、マンゴーになりました。

スポンサーリンク

缶詰を開ける

初めての缶切り

缶切りいらずの缶詰が増えてきましたが、まだ缶切りがいるのも健在です。
せっかくなので使い方を教えず、自分で形から考えてみて、と見守ります。

小学4年生、試行錯誤して、うまくできたのでほめてあげます。
「よくできたねー」

スポンサーリンク

ゼラチンを入れて溶かす

温めたシロップに、お湯で溶かしたゼラチンを投入

シロップと果肉を分けます。

缶詰のフタを閉じ気味にしてシロップだけ耐熱ボールへ。
果肉はそのまま缶詰に残しておきます。


シロップは耐熱ボールに入れてラップをして、レンジで5分


その間にお湯を沸かしてゼラチンを溶かします.

説明書によれば1.4Lだと、130mlの80度のお湯にゼラチンを2袋半入れます。

かんたんにしましょう。
100ml沸かして、水を30ml入れて計るとだいたい80度。


計量カップがなくても大丈夫。
500mlのペットボトルの感覚の1/5ですね。


コップなどに入れて、しっかりとかき混ぜて溶かしてから、レンジでチンしたボールのシロップに入れて再度よくかき混ぜます。

直接シロップに入れて溶かしてもよさそうですが、他の情報によれば、このひと手間がうまくいく秘訣なようです。

スポンサーリンク

冷蔵庫で冷やす

耐熱ボールで巨大ゼリー

果肉をボールに入れて、ひと混ぜしたら後は冷やします。


少しくらい温かくても冷蔵庫につっこみます。
上下に冷気が当たる段に入れて、周りも隙間を空けておきます。


後は待つだけ。
6時間冷やしてプルンプルンに。

ホッと一息まとめ
スポンサーリンク

取り出す

巨大ゼリーを取り出す

そのまま傾けても出てきてくれません。


そのままスプーンでかき出して食べている人もいますが、それでは巨大さが味わえません。
やはりそのままの形がプッチンプリンのようにデーンと、お皿に登場しないとですよね。


なのでゼラチンの説明書通りにいきます。
耐熱ボールが入る大きさの鍋にお湯を沸かして、そこにボールを入れると周りのゼラチンが溶けてするっと抜ける作戦です。


説明書には数秒とありましたが、お湯がゼリーの表面の境にガラス越しに当たるように、フチを持ってうまく回しながら、温めていきます。

1回でうまくいかず、2回して少し傾けて重さで上側に隙間ができるようにしてあげたらストンと取れました!

ハイ。
一番テンションが上がるところです。
一緒に盛り上がりましょう。



豪快にこのままスプーンで上からがっつきたい気持ちを抑えて、
切り分けます。

切り分けた巨大ゼリー

さすがに四人家族で一人1/4は食べれないので、1/8づつ。
それでも「たらみのゼリー」の3倍はありそうです。


2回に分けて食べ終わると、今度作るゼリーの種類が足りないねと、今から心配しています。
次回は一緒に缶詰め探しから始めましょう。


今回使ったゼラチンはこちら。
定番です。

こんな缶詰セットがあれば、誕生日ケーキより楽しそうですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました