蛍光灯LED丸型【分かりにくい】アイリスオーヤマ商品を解説

アイリスオーヤマ丸型LEDランプの選び方照明

アイリスオーヤマの丸型「蛍光灯」に代わる蛍光灯「LED」がある。
けれども商品の種類が多く何を選んでいいのかわからない!

調べてみると32種類もあります

種類が多すぎて、何にがなんだか、もう選べません!


照明を販売している経験から最適なものを、どのように選んでいけばいいのか、何を選ぶとお得なのかを分かりやすく整理してお伝えします。

メーカーが伝えていないデメリットもお伝えしますよ。





アイリスオーヤマ【丸型LEDスリム】もあるLED蛍光灯の選び方

スポンサーリンク

蛍光灯LED丸型とは

蛍光灯からLED蛍光灯に

蛍光灯LEDとは、
いままでの蛍光灯をはずして、そこで差し替えて使えるLEDです。

蛍光灯LEDは「蛍光灯」と名前についてはいますが、実際は蛍光灯ではなく、LEDです
ここから分かりづらいですね。

そして今回紹介するのが、蛍光灯LEDでも丸型のもの。
そう、今回はアイリスオーヤマのLED蛍光灯なので紹介しませんが、
直管型といって、直線タイプも実は他のメーカーであります。


特に丸型蛍光灯に代わる蛍光灯LEDは、パナソニックなどの大手はまだ出していないアイデア商品で、アイリスオーヤマがほぼ独占状態です。
ほかは家電量販店が一部販売している程度です。

「蛍光灯LED丸型」をアイリスオーヤマでは「丸形LEDランプ」といいます。


配線工事不要

電気屋さん不要です。
常夜灯や、蛍光灯で使っていた電源から付属のコードでLEDに接続します。
もちろん常夜灯もLEDでできます。


値段は少し高め

蛍光灯に比べるとやはり少し割高ではありますが、計算すると悪い条件でも1年以内に元が取れます。


器具一体型ではない

今使っている照明器具がそのまま使えます。
蛍光灯の部分を外して、空いたところにLEDをはめる商品です。


消費電力は

消費電力が約半分です。


いままでの蛍光灯と、アイリスオーヤマのLED蛍光灯を比べて見ましょう。
例えばよく使われる32型+40型です。


パナソニックの蛍光灯(パルックプレミアFCL3032ENWM2K)
こちらは長寿命で割安な蛍光灯です。
・本体価格:2,320円( ヨドバシ・ドット・コム )
・耐用時間:20,000時間
・消費電力:30W+38W=68W


アイリスオーヤマのLED蛍光灯
・本体価格:4,980円
・耐用時間:40,000時間
・消費電力:31.5W(約半分!


消費電力が約半分ということは、単純に電気料金が半分になります。


さらに次で実際に払う電気料金も考えてみましょう。



実際に払う電気料金は?

それぞれの消費電力が分かったので、これに1単位の電気料金を掛けると、実際に払う電気料金が分かります。

1日で10時間使うとして、1年で考えてみましょう。


我が家の電力会社「HTBエナジー」では26.6円kWhなので、10時間x365日=3650時間
「kWh 」という見慣れない単位が出てきました。
kWhとはW(ワット消費電力)とh(時間)を掛けてそれを、k(1,000)倍にした単位です。


それでは2つを比べて見ます。
パナソニックの「蛍光灯」
3650時間x68W=248,200Wh
248,200÷1,000x26.6円kWh=6,602.12円
→約6,600円

アイリスオーヤマの「LED蛍光灯」
3,650時間x31.5W=114,975Wh
114,975÷1,000x26.6円kWh=3621.71円
→約3,600円


差額は2,980.408円/年です。
約3,000円/年ですね。
実際にLED蛍光灯にすると1年で、
約3,000円オトクということです。


せっかくなので商品の本体価格も入れて考えてみましょう。
高いLED蛍光灯と、安い蛍光灯の本体代金の差額は2,660円です。

内訳は
高いLED蛍光灯4,980円 - 安い蛍光灯2,320円
=2,660円(本体価格の差)



そして1年間の電気料金の差は2,980.408円 でした。
これは本体価格の差より金額が大きいので、
差し引いても1年目は961円お得です。


内訳は
約3,000円(電気料金の差) - 2,660円(本体価格の差)
= 961円

つまり交換すれば1年目から約1,000円オトクなのです。


さらに1年後には本体代金の差額がなくなっているので、
1年ごとにまるまる約3,000円のオトクになります。


また5年すると耐用年数が過ぎる(蛍光灯の20,000時間÷10時時間÷365=5.4年)ので買い替えるとするれば、また蛍光灯の購入代金2,320円分を買わなかった分がお得になる計算です。
つまり5年に1度ボーナスが約2,000円です。


参考までに今までの計算は、アイリスオーヤマの掲載する計算とほぼ合っています。
どちらかというとアイリスオーヤマのお得さ計算は控えめです。
寿命は40,000時間で、一日10時間つけているとすれば約11年(40,000÷10時間÷365日=10.958年)



スリム管(FHC)も対応

ガラス管の直径1.6cmの細いタイプです。

アイリスオーヤマのLED蛍光灯で「ペンダント用」と「シーリング用」は対応します。
中にアダプターが入っているので、これを使うことで対応します。

ただし箱にどちらも表記されていない「兼用タイプ」は、
一般的な太さのFCLだけ対応で、スリム管FHCは未対応なので注意です。

スポンサーリンク

蛍光灯LED丸型(丸型LEDランプ)のメリットは

今使っている照明器具がそのまま使える

今まで使った愛着もありますし、捨てるとしても粗大ゴミ扱いであればお金も手間もかかります。面倒ですね。

レビューによると安定器が壊れて蛍光灯を変えてもつかなかった場合でも、この商品で照明器具を生かして使っている人もいます。



虫が寄り付かない

シーリングランプのシェード内にたまる虫

ドーム型の照明の下の方にたまる、黒い虫の死がいがなくなります。
見るのも嫌ですが、取って捨てるのももっと嫌ですよね。


リモコン操作可能

LEDに直接リモコンが効くので、ON/OFF、5段階の調光、常夜灯がつきます。

一度消しても明るさを覚えているので、再調整しなくても済みます。
これも地味に気が利きますね。






この商品もそうですが、蛍光灯をリモコン化したいのであれば、こちらの記事が参考になります。

蛍光灯をリモコン化する3つの方法
蛍光灯の丸型、直線型の2つの形で、今までリモコンがなかった不便を解決します。



交換作業が当分不要

約10年交換しなくて済みます。

交換作業もそうですが、それよりも何に交換すればいいのか、調べて、買いに行く手間の方が面倒です。


スポンサーリンク

蛍光灯LED丸型(丸型LEDランプ)のデメリットは

明るさは少し暗い

30型+30型はそれほど差はないですが、他のサイズは最近の明るい蛍光灯に比べて3割程度暗いです。

一般的な32型+40型で昼白色の場合に、蛍光灯のパナソニックパルックプレミアは5,710lm(ルーメン)日立きらりUVでは5,480lm(ルーメン)、それに対してのLED蛍光灯で3,700lm(ルーメン)なので3割程度暗くなります。
その他30型+32型、30型+32型も同じく3割程度暗いです。





スポンサーリンク

蛍光灯LED器具(丸型LEDランプ)の種類

商品を選ぶ前に、まずは商品の種類の全体をつかみましょう。
これでどこに着目して商品を見ればいいのか分かるようになります。


取付方法で3種類、蛍光灯の大きさで4種類、色で3種類あります。
よって3取付方法x4大きさx3色=36種類の商品展開です。
多いですね。


でも大丈夫。
見分けるポイントがあります。

アイリスオーヤマの丸型LEDの商品選びのポイント
ポイントは3つ


見分けのポイントは3つだけ
1.照明の種類 3種類
シーリング、ペンダント、無表記(シーリングとペンダント兼用)


2.大きさ  4種類
30型+30型、30型+32型、30型+40型、32型+40型


3.色  3種類
黄色っぽい電球色、白っぽい昼白色、青白い昼光色





分かりやすい選び方は3ステップ

1.照明の種類はシーリングとペンダントと、兼用タイプの3種類ありますが、シーリングとペンダントのどちらかを選びます。
理由は次に解説します。


2.そして次に大きさ、現在使っている蛍光灯のサイズを把握


3.最後に光るを選べばOK


簡単ですね。



兼用タイプより、シーリングかペンダントタイプをお勧めする5つの理由

兼用タイプがあるのなら、どちらかを考えずに兼用を買えばいいような気もしますが、実は違います。


1.安さ
価格がシーリングとペンダントの個別のほうが、兼用タイプより安い
ただし生産終了価格として一部は同価格になってます。


2.光が改良されている
ホームページの解説そのまま引用します。
”【1.新技術メタルサーキットで自然な明るさに】アイリスオーヤマ独自の新技術「メタルサーキット」により、高品質なLEDチップを隅々まで均一に配置。ライト全体がムラなく綺麗に光り、
明るいのにまぶしくない自然な光を実現。”
兼用タイプにはこの記載がありません。


3.常夜灯が2段階
兼用タイプに常夜灯の明るさ段階がなく、シーリングとペンダントは2段回です。


4.見えない改善点
シーリングとペンダントが、兼用タイプより後発なので、公表されていない不具合が改良されているはずです。
不具合は公開しにくいですから。


5.ムダがない
兼用タイプはすべて部品が入っているのだが、不要なものが出てきてムダである。





スポンサーリンク

蛍光灯LED(丸型LEDランプ)の交換方法

照明の種類と、交換可能かどうか写真で確認します。
その後蛍光灯の大きさを調べて、交換する蛍光灯LEDを決めます。



シーリング用ペンダント用のどちらかを調べる

まずシーリングライトか、ペンダントランプかのどちらなのかを確認します。
次にそれぞれの接続方法で対応するのか、写真で確認します。


我が家の場合はシーリングで対応しないタイプでしたので、すべてが対応するわけではないです。
必ず接続方法まで確認してください。

シーリングライトの場合の見分け方

どちらの照明を今使っているか、対応するのかどうかを理解できたでしょうか。





今使っている蛍光灯の大きさを把握する

蛍光灯に印字されている型数を確認しましょう。

蛍光灯の型数を確認
蛍光灯の型数を確認

商品が取り付け可能かどうか不安であれば、確認してから購入します。
電気製品専用アイリスコール  0120-311-564
受付時間 9:00-17:00
(但し、土・日・祝の12:00~13:00は除きます)




使えなくなった蛍光灯の捨て方

蛍光灯は水銀が含まれているのと、ガラス製なのでやたらと捨てることができません。
注意点を簡単にまとめてあるので、こちらが参考なります。

電球の捨て方【永久保存版】
電球は種類ごとに捨て方が異なるので、電球の種類の判別が必要です。そして電球の外し方と、次の電球の選び方を解説します。





スポンサーリンク

どこで買うか

照明のタイプと、蛍光灯の型数が分かったところで、次はどこで買うのが得なのか考えてみます。


配送費込みの価格ではAmazonが優位です。
次には楽天とアイリスプラザはほぼ一緒。
ポイント(クーポン)条件をいかに使うかで変わってきます。


それではアイリスオーヤマの公式通販サイト「アイリスプラザ」の条件を整理してみます。
・丸型LEDランプは配送料金が現在無料
・翌日配送
・1年追加保証
・割引クーポンが豊富
新規登録で300円、レビューで100円、お誕生日500円、次回のお買い物500円
お誕生日クーポンのステップアップの条件がやさしい

2019年の7月現在

保証の面からから見ると、アイリスプラザで購入すれば保証が付くので安心です。
LEDは長く持つ一方で、当たり外れがやはりあるので、保証があれば外れたときに残念な思いをしなくてすみます。
またリモコンの不具合レビューをたまに見かけます。


まとめ

→今回の購入だけで見るのなら、Amazon
→ポイントアップのチャンスを狙って買うのなら楽天
→保証と、他にもアイリスオーヤマの商品を買う予定があるのなら、アイリスプラザ

アマゾンポイントキャンペーン




それでは商品を選んできましょう。
選ぶ順番は次の通りです。
1.照明の種類(シーリングかペンダント)
2.蛍光灯の型
3.光の色

スポンサーリンク

シーリング用 丸型LEDランプ

シーリング30型+30型

アイリスプラザでの購入はこちら




シーリング30型+32型

アイリスプラザでの購入はこちら



シーリング30型+40型

アイリスプラザでの購入はこちら



シーリング32型+40型

アイリスプラザでの購入はこちら



スポンサーリンク

ペンダント用 丸型LEDランプ

ペンダント30形+30形

アイリスプラザでの購入はこちら



ペンダント30形+32形

アイリスプラザでの購入はこちら



ペンダント30形+40形

アイリスプラザでの購入はこちら



ペンダント32形+40形

アイリスプラザでの購入はこちら

コメント