洗濯物を乾かす【大風量DCモーター】サーキュレーター比較レビュー

サーキュレーターDCモーター比較住まい

部屋干しにサーキュレーターがほしいけど、どれがいいのかな

風が強くて、壊れにくいのがいいわね

部屋干しするサーキュレーターは風が強くて、価格の安いものが欲しい。
それに壊れにくいもの。
こんな悩みを解決します。

わが家で4年しかなかった耐用年数の過ぎたアイリスオーヤマのサーキュレーター。
その次を求めてたくさんの商品から最適なモノを検討、そして購入レビューまでをまとめてお届けします。

衣類乾燥に適したサーキュレーターはDCモーターのボルネードかテクノス

スポンサーリンク

はじめに

部屋干し用のサーキュレーター

わが家ではサーキュレーターは部屋干し用です。


洗濯物を部屋干しするときにサーキュレーターで首振るよりも、ピンチハンガーや衣類ハンガー自体をサーキュレーターで回転させながら衣類に風を送ると早く乾くことに気がつきました。
それからはもっぱらくるくる回しています。


しかしながら洗濯物を多く干したり、ジーパンなど重いものを多く干すと風量不足でピンチハンガーが回りづらいことがあるのです。

ジーンズは色落ちするのでまとめて洗いますよね。
そうするとまとめて干さなくてはいけなくて、干した時に重いのでピンチハンガーが回転しづらい。

また今使っているアイリスオーヤマのサーキュレーターの設計上の使用年数が4年となっていて、使用頻度も高いし、留守中に回しっぱなしで出かけるので、出火でもしたら大変です。
こういった2つの理由で風の強いサーキュレーターを買い直すことにしました。

スポンサーリンク

風の強いサーキュレーター

サーキュレーターはどれがいいのか

残念ながら風量には業界基準がありません。


でもあきらめません。
日本のメーカーは風量をほとんど表示していませんが、代わりに参考になるのが2つ。
消費電力と畳数です。

消費電力

サーキュレーターは単純な構造なので、モーター性能差もありますが、消費電力に風量が比例して強くなるのは明らかです。

現在使用しているアイリスオーヤマのサーキュレーターは31Wと39Wでした。
現在力不足を感じているので、これよりも消費電力の大きい50Wくらいを試して見たいところです。

畳数

畳数とは、キチンと説明されている情報はないのでおそらくメーカーまちまちの基準ですが、共通に感じ取れるのは、「どこまでの大きさの部屋の空気を循環させる能力があるか」


何畳の部屋の端から端まで届くかではありません。
現在使用しているアイリスオーヤマのサーキュレーターは8畳と39Wの14畳タイプなので畳数であれば、少なくとも1つか2つ上の畳数クラスを欲しいところです。

ただこれも基準がない以上、メーカーを超えては参考になりません。

スポンサーリンク

DCモーター

DCモーターのサーキュレーターを検討

DCモーターとは

DCモーターは省エネで音が小さい、でも価格が高いとあります。


ちなみにDCモーターではない、いままでのはACモーター。
大きな違いはDCの直流か、ACの交流かです。

身近な例だと、DC(直流)はプラスとマイナスがキチンと分かれた乾電池。
AC(交流)は家庭に来る電力が身近です。
コンセントプラグの2ピンをどちら向きに刺しても使えるのはプラスとマイナスが交互に変わっているからです。

ではどのくらい省エネなのか

風量当たりの消費電力を見てみます。


アメリカ製のサーキュレーターで、国内で名前の知れた「ボルネード」
こちらは基準がありm3/分の単位で表しています。

キチンと風量を数字で出しているボルネードの2機種で調べてみます。
533DC-JPのDCモータータイプと、そうでない533-JP。

1m3/分の風を出すのに何W必要なのでしょうか。

533DC-JPが40Wで10.05m3/分なので、40÷10.05=3.98
DCモーターは1m3/分あたり3.98W必要

DCでないACの533-JPは、53÷7.79=6.8
ACモーターは1m3/分あたり6.8W必要


ではどのくらい差があるのかというと、
3.98÷6.8=0.58
1-0.58=0.42なので、DCモーターは40%ほど省エネといえます。
他の実際の比較サイトでも約半分くらい省エネと紹介されているので、これと合っています。

一方のメーカーは70%とか80%とか言っています。
これはちょっと盛っている感がありますね。

ではDCモーターにした方がいいのか

電気代が「4割」少なくなるのでDCモーターが【確実に】オトク


DCモーターは音が静かなのもメリットなのですが、別室で洗濯物を乾かすのには関係ありません。
やっぱり気になるお金を計算してみます。


現在のアイリスオーヤマのサーキュレーターが39Wで、これを基準に50Wは欲しいところ。
なので50Wのサーキュレーターを買う想定で進めます。

使う時間は朝干して出かけて、帰って、入浴後にまた干してと稼働時間は1日約7+12=19時間
夏の間は夜でも外に干して、部屋干しないので、
一年365日-3カ月90日=275日
19時間×275日(年)=5225時間/年
5225時間×50W=261250W/h

電気代は通常1KWhで26円計算なので、
261250÷1000×26=6792.5円
理想の風量を出すACモーターのサーキュレーターだと1年間に約7000円の電気代がかかることになります。


結構かかりますね。
さてここまで出ればあとは簡単。

これがDCモーターだと7000円の60%で4200円、差額は2400円ほどお得計算です。

なのでDCモーターの機種が比べて1万円高くても、例えばアイリスオーヤマの設計上の耐用年数4年で価格差がなくなるのが分かりました。
安いサーキュレーターなら本体価格が2年ですっ飛んでしまいます。


これは意外ですね。
ちなみにわが家では2台を同時に使っているので、より重要です。
正直なところ大したことないと踏んでいたDCモーターですが、これは外せません。


さてDCモーターが必須ということが分かったので、次は実際の機種を探してみます。

スポンサーリンク

強い風のサーキュレーターは?

DCモーター選ぶ基準は?

出力が30W以上ほしい。


今使っているACモーターの風量不足からだした数字は50W。
この50W相当のDCモーターは50W×60%(省エネ差)=30Wなので、少なくとも30W以上のものを探していきます。


洗濯物のハンガー自体を回転させるので、左右の首振りあっても、自動で上下など複雑な動作は要りませんし、ましてリモコンなども不要です。
あればその分価格が高くなり、壊れやすくなります。


販売しているDCモーターのサーキュレーターはすべてを網羅して調査しましたが、具体的に候補となりそうなものを見ていきます。
おすすめ順に並べていきますね。

ボルネード 533DC-JP

サーキュレーターで複数の商品を展開している数少ない海外メーカーです。
同社が出しているDCモーターで一番低価格の商品です。
おすすめ。


国内品に比べると17000円するので高く感じるのですが、10年保証になっていて不具合レビューがほぼないのが魅力です。

特徴は上下左右の回転やタイマーなどなく、シンプルなつくりなこと。
上下は手動では動きます。
つくりが簡単、つまり故障が少ないということです。

用途はエアコン使用時の室内8畳の空気循環と部屋干しの乾燥です。
どちらも満足の性能でした。
風量は、最大にすると文句なしの強風が吹きます。ただし音も凄いです。速乾したい時には使っています。
就寝時は、扇風機の弱程度にすれば、音は気になりませんし、程よく循環してくれます。

Amazonレビュー


5年保証付き、さらに購入後30日内のユーザー登録でモーターの10年保証がつきます。
取り扱い説明書はこちら


近い価格で30畳までの姉妹品、633JPがあります。

633JPは30畳までとなっているのですが、風量が8.64
対しての16畳の533DCJPのほうがなぜか風量が10.05と多いのはなぜなのか気になったので、メーカー確認したところ、羽の大きさが633JPがより大きく、風量は弱いものの対流を起こす力は大きいとのお返事でした。
ACモーターなので省エネではありません。
保証も3年と短くなっています。

テクノス SAK-280DC

テクノスでDCモーターの最大出力のモノがこちら。
アイリスオーヤマを除くと国産メーカーでDCモーター採用の最大出力です。
おすすめ。


DCモーターで30Wなので、先ほどの40%計算なら、ACモーターで50W相当です。
メーカーサイトには70%当社比とあるので、本当なら100W相当ですが、これはちょっとやりすぎな気がしますね。
こちらのメーカーは壁掛けのDCモーター扇風機を使っていますが、低価格ながら不具合も起きず毎年動いています。
DCモーターの特徴の1つの動作音の静かなのも感じています。

テクノスはあまり有名ではないですが、40年の実績がある日本のメーカーで「機能的で使いやすく、壊れにくいデザイン」がモットーということなので壊れやすいイメージの強いアイリスオーヤマのと違って好感が持てます。

レビューを一つ

扇風機で代用していましたが、部屋も広いのでサーキュレーターを購入。切タイマーが条件だったのですがDCモーター仕様でこのお値段!満足です。部屋も変形リビングダイニングで20畳ありますが、扇風機の時のように足元が寒い事がなくなりました。快適に過ごせます。早く購入すればよかったです。

楽天みんなのレビュー


1年保証付き
取り扱い説明書はこちら


※コピー商品がAmazonであります。

テクノスのコピー商品。
サイズは一緒、外見も一緒、操作部分が異なります。
見落としがちですが、モーターの出力が正規品より6W劣ります。

そして大事なことですが正規品よりいくらか安い分、壊れやすいのがコピー商品です。
間違って買ってはいけません。

買ったサーキュレーターの中ではかなり駆動音がして、でもこんなものかなと使ってましたが
2か月で音がひどくなり風速調整も効かなくなり翌日には電源を入れても羽が回らなくなりました
結構いい値段するのに音も耐久性も確実に値段以下です

Amazonレビュー

こんなコピー商品を作って販売していいのでしょうか。

アイリスオーヤマ PCF-SDC18T

アイリスオーヤマでDCモーターの最大出力35Wのモノがこちら。
おすすめしません。


理由1.
35Wの出力がありテクノスの30Wを超えますが、価格は一万円を超えるのでここまで出せるのなら、ボルネードがおすすめ。
もし自動首振りが欲しいのであれば出力は5W少なくなりますが、壊れにくさと低価格なテクノスをおすすめしたいです。


理由2.
耐用年数が4年と短いのは、お財布にも環境にもやさしくない
わが家では2台アイリスオーヤマのサーキュレーターを使ってきましたが、次は買いません。
首振りはいつの間にか壊れてしまいました。

最大出力のDCモーターを選ぶと、結果として上下左右の自動首振り、リズム風などムダ機能がありますし、機能が多いとその分壊れやすくなります。
数を多く売っているせいか故障のレビューも気になります。

使い始めて1ヶ月でDCモーターの故障。
その後のメーカーの対応は酷いとしか言いようがなかった。
製品自体はとても良いとは思うが、製造元であるアイリスオーヤマは駄目の一言。

Amazonレビュー


1年保証付き
取り扱い説明書はこちら

ヤマゼンYAR-AD234


ヤマゼンで最大出力のDCモーターはこちら。
おすすめしません。


悪くはないのですが、残念ながら価格と性能を比較するとテクノスに劣ります。
デザインもどちらかというとテクノスが洗練されていますね。

実績のある日本のメーカーです。
消費電力28W(DCモーター)

アンドデコ Armonia

楽天レビュー4000件を誇る大人気サーキュレーター
どこかのブロガーの紹介されて爆発的に売れたようです。
おすすめしません。


理由1.
風量の数字がおかしいのと、風量不足レビュー
風量がボルネードの10.5m3/分を上回る15.1m3/分
でも消費電力はボルネード40Wに対しての18W(DCモーター)

風量と消費電力はある程度比例するはずなのに、風量が1.5倍でも消費電力は1/2?

風量の数字だけ見ると性能的にすごく優れていることになるのですが、日本製のDCモーターを使用しているということを差し引いても消費電力は少なすぎです。
なんとも腑に落ちない数字です。

消費電力は状況で変わることがないので、おそらく風量の測定基準がないので差が出ていると思われます。
レビューを少し紹介します。

首振り音がうるさい
やはり家電はきちんとしたメーカーで購入すべきだと痛感しています。
本当にがっかりです。パワー不足。最強にしても扇風機の弱より弱い。
届いた翌日にアイリスオーヤマのサーキュレーターを買いなおしました。
正直、おもちゃです。かなり後悔、凹みました。

楽天みんなのレビュー


理由2.
カバーが外せない

サーキュレーターを使っているとホコリがどうしてもたまります。
掃除がし難いつくりは使っていてストレスです。

カバーが工具無しでは取り外し出来ません。その為、羽根の掃除ができずに困っています。
しかも30cm以上の長いドライバーを用意しないといけず、掃除やメンテナンスがかなり不便です。
サーキュレーターとしての機能は問題ありませんがメンテナンスの事を一切考えてない設計に対してかなり印象が悪いです。

楽天みんなのレビュー

1年保証付き

サーキュレーター DCモーター【 360°回転+左右首振+固定 】

楽天で同様に人気で約2000件のレビューの【 360°回転+左右首振+固定 】サーキュレーター(名前がありません)
おすすめしません。


理由1.
品質が不安定のため。
レビューで多いのは2つ。
・一か月後に首振り故障
・風量が落ちる


理由2.
品名、メーカー名、製造国もない商品は不安です。

他の方も既に書いていらっしゃいますが
メーカー名が表示されていません
MADE IN 〇〇〇〇〇 もありません。
1年をちょうど過ぎた頃に突然電源が入らなくなりました
メーカーに問い合わせたところ保証期間を過ぎているため修理に6800円かかると言われました

楽天みんなのレビュー

1年保証付き

スポンサーリンク

実際に購入して使ってみた

アイリスオーヤマのサーキュレーターの4年の耐用年数が過ぎました。
ことが起きては大変なので、次の購入が必要です。


納得いくまで調べた結果、良さそうなものを購入してみました。

テクノス SAK-280DCレビュー

テクノスサーキュレーターの首振り

▶購入の理由
・国内メーカー最大の風量(アイリスオーヤマ除く)
・自動首振り

首振りはほとんど使わないのですが、2台買う予定の1台だけでもあれば役に立つときがありそうな気がしたので。
左右だけ、上下だけ、左右上下同時が可能です。


▶良かった点
実際の風量と価格
国内品の最大の風量表示だけあって、今までわが家で使用していたアイリスオーヤマより体感で1.4倍ほど風量が強い、その割には価格が安いこと。
28ピンチのステンレス角ハンガーに目いっぱい夜に部屋干して、以前は朝までに乾ききらなかったのですが、乾くようになりました。ステキ。


▶良くなかった点
上下に傾けたいときに、電動でしか動かない。
例えば下に傾けたい時に、前回上に向かって移動中だった場合だと、一度上に上がり切ってから下がるのを待たなくてはいけないので、まどろっこしくてイライラします。
左右は台ごと回せばいいので問題になりません。


その他

テクノスサーキュレーターの温度表示

・液晶に室温表示
例えば夏の夕方で室内の熱い空気を、外のすずしくなった空気と入れ替えて数字が実感できるのが良いかもしれません。
ただまだ夏になっていないので、その時にまた追記しますね。

・見た目より軽い
台が空洞そうなので、もう少し小さくてもよかったですね。

・縦横の首振り折り返しが一緒
左右の首振りの終わりと、上下の首振りの終わりタイミングが一緒なので、風の当たらないところが出てきます。
あまり使う予定がないのですが、レビューで気にしている方がいました。

ボルネード 533DC-JPレビュー

ボルネード
操作するのはダイヤル一つだけ

▶購入の理由
国内サーキュレーターよりワンランク上の強風を試して見たかった。
造りが単純なので長持ちしそう。


▶良かった点
テクノスを上回る強風。
思ったより軽い。
洗濯物が面白いくらいにブンブン回ります。
モーター以外に壊れるところがなさそうな造り。保証が長いのも頷(うなず)けます


▶良くなかった点
造りが簡単なので、もう少し本体価格が安ければよい。

中国メーカーが同じようなのを作ったら価格負けしそう。

スポンサーリンク

サーキュレーターの風力比較

サーキュレーターの性能比較

比較するのはわが家に既存の1つと新規の2つ
奥から「ボルネード」
真ん中「テクノス」
手前の「アイリスオーヤマ」

アイリスオーヤマはわが家で2つあるうちの風量の強いほうを試します。
赤い毛糸を張り付けて、流れ方を比較してみましょう。

奥の「ボルネード」は渦を巻きながら遠くになびきます。
真ん中の「テクノス」と手前の「アイリスオーヤマ」はそれほど伸びません。
動画はこちら



毛糸の付ける場所を羽の中央から、上に変えてみます。

真ん中の「テクノス」がまっすぐに毛糸を流しています。
動画はこちら


今度は上向きにして毛糸の流れる様子を見てみます。

同じ並びで試します。

「テクノス」は「アイリスオーヤマ」と「ボルネード」に比べて渦巻きが少ないのが分かります。
渦を巻いた方がより遠くまで風が飛ぶといわれていますが、洗濯物を乾かすのにはそれほど効果の違は出てこなそうです。

また同じように渦を巻く「アイリスオーヤマ」と「ボルネード」では「ボルネード」のほうがより高速に回り、風量があるのが分かります。
「ボルネード」は価格が高いだけにしっかり働いてくれます。

動画はこちら

スポンサーリンク

まとめ

ホッと一息まとめ

モーターの消費電力から推測して風量の強いのを購入したのですが、比較してみて改めてその風力の違いが分かりました。

わが家ではもうバンバン回って洗濯物を乾かしています。
そして先にも触れましたが、除湿器の出番がガクッと減りました。

除湿器を何の気なしに、どのくらい電気を使うのか見てみたら、なんと465Wも使うのです。
除湿器の電気代はサーキュレーターの10倍ですよ。
驚きです。

夜部屋干ししてサーキュレータだけだと臭うことがあったので、除湿器も併用して早く乾かしていたのですが、これだけで1カ月3264円かかっていました。
465W × 一晩9時間 × 一カ月30日 ÷単位をkにして1000 × 電気単価26円=3264円

雨が降らない限りはサーキュレーターの風量全開で朝までに乾くことが分かったので、出番が減っています。


TEIJINNサイトによれば洗濯物を乾かすのは「温度」「湿度」「風」
イヤな部屋干し臭は乾くのが遅いとつきやすい。



なので風量のあるサーキュレーターで速乾です。
もちろん電気代も気にしてDCモーターですね。


価格が他より高いので少し買うのに抵抗がありましたが、10年保証なので元が取れます。
買い替えで廃棄ゴミの出ないボルネード。
おすすめします。

買って損はしないわよ



でも首振りたいのならリモコンも付いた高機能なテクノス。
ちょっと風量は劣りますが、壊れにくく低価格は魅力です。


おすすめの記事


「ぱきっ」と折れないステンレスのハンガー。実は【アタリ】と【ハズレ】があります。

ステンレスピンチハンガーおすすめを人気のニトリや無印、ダイソー、大木、パール金属、コストコ、アイリスの7社で比較
プラスチックハンガーはもう使わない。ステンレスハンガーはどれが良いのか、6社を可能な限り現物を調査して使いやすさ、壊れにくさを徹底解説。これで【ストレスフリー】のステンレスハンガー生活が始まります。


新しいトイレは交換すると掃除がグッと減らせます。さらに節水で元が取れますよ。

トイレはリクシルTOTOどっちがいいのか【同時使用の】比較レビュー
TOTOかリクシルはもう迷わない。どちらか片方だけの【主観】でない、TOTOリクシル同時に交換して、使ってきた結果を【客観的】にお伝えします。これで安心して見積もりに進めますよ。


意外に簡単な電気料金の計算方法を知って、お得に暮らせます。

電気料金の計算【家電の電気代】と【電力料金のカラクリ】
よく分からない電気料金が明らかに。家電の電気料金の計算方法と、使った電気を電力会社がどのように計算して請求するのかが分かります。これで電気代をスリムに節約できますよ。


毎月払うのインターネットの【本当の】最安値が調べて分かりました。

YahooBBのADSLが終了で【最も安い】乗り換えを決める
ADSLの乗り換えの不安を【5つのポイント】でサッパリ解消。いつまで使えるか、SoftBank光は安いのか、乗り換えのタイミング、光回線に必要なものなど、わが家の問題として考えていきます。これで確実にADSLの次の安い回線が選べます。


焼きあがったグリルでそのままテーブルへ。お掃除が楽なガステーブルは【ひと手間】少ないのです。

掃除がしやすいガス台を【徹底的に選ぶ】とパロマのグランドシェフだった
もうグリルのメンドウな掃除はしなくてOK。その分ゆったりできます。グリル内のグリルパンが汚れを防ぎ、そのまま食卓へ。後はグリル用シートを捨てておしまいです。競合品を調べるとテーブルトップと、五徳の総合でパロマのグランドシェフがおすすめです。

コメント