ニトリのステンレスハンガーが壊れたので補修した方法

ニトリの壊れたステンレスハンガー補修住まい

ニトリのステンレスハンガーが壊れました。

ピンチをつなぐリングはいつも直して使っています。

さらに約4年使って、フックの部分がすっぽりと抜けて壊れてしまいました。


ステンレスハンガーをは耐久性があり、ずっと使えるのがメリットだったのですが残念です。

しかしながら簡単に補修して使えるので、捨ててまた買うよりも、地球とお財布にもやさしいので、同じように壊れた人は、ぜひ補修しながら使ってみてください。


とってもお手軽にできます。
次の買い替えの間だけでもすぐに役に立ちます。


ニトリのステンレスハンガーを捨てずに補修して使う方法

スポンサーリンク

はじめに

壊れは2つです。
A.ピンチのリング
B.フックの外れ

順に見ていきましょう。



スポンサーリンク

A.ピンチのリング

ニトリのピンチの外れ

洗濯物を我が家では引っ張って取るので、これが原因かを思うのですが、とにかくゆがみます。

ゆがみ始めると、リングの端がリングとズレて、ピンチが外れます。
さらに悪いことにからみだします。


我が家では大木製作のステンレスハンガーも同時に使用しているので、これともからみだします。
困ったものです。


どうやらこの問題はニトリだけではなく、リング式のピンチはメーカー問わず共通ということが、レビューを読み解いていくと見えてきました。


話を戻しましょう。
そしてこれはペンチ2つで直せます

ピンチのリングの補修
ピンチのリングを直す

ペンチ2つを使って、リングの一か所で曲げて直すのではなく、いくつかの場所に分けて少しずつ曲げていくようにするとよいです。



コンビネーションプライヤーとウォーターポンププライヤー
コンビネーションプライヤーとウォーターポンププライヤー

またペンチは小さいものより、ある程度大きさのあるものを使うと楽にできます。
違う種類のペンチを使っていますが、同じもので大丈夫です。



そして我が家ではまだリングは交換していないのですが、
交換の目星はつけています。

以下の商品が、材質、構造、大きさ、数から最適な候補です。
材質はステンレス、もしくはニッケルのステンレスメッキです。
(ただし商品説明に揺れがあります。)

問題のリング構造はニトリなどのピンチ止めのリングよりも、キーホルダーなどによくあるリングのつくりで丈夫そうです。

もし試される方がいらしたら、ぜひコメント欄にそのレビューを頂けたらと思います。




スポンサーリンク

B.フックの外れ

ニトリのステンレスハンガーの壊れ
ニトリのステンレスハンガーの壊れ

物干しのフックと、本体をつなぐ部分が取れてしまいました。

本当はワッシャーといわれる、平たいリング状のものが間に入っていたのですが、2階の物干しから落下した時に紛失してしまいました。


買い替えようと思ったのですが、構造をよく観察すると補修はそれほど難しくなさそうなので、とりあえず補修して様子を見ることにします。


まずは手軽に結束バンドで補修しました。



結束バンドで補修

ニトリのステンレスハンガーの壊れを結束バンドで補修
ニトリのステンレスハンガーの壊れを結束バンドで補修

まずはお手軽に結束バンドを使って補修します。
結束バンドはダイソーなどの100円ショップで売っています。

写真の赤の部分が結束バンドの経路で、上はフックのU字に通して、下は本体の座の穴を通して、途中にナットを経由してストッパーを止めています。

本当であれば元々ついていた、平たいリング状のワッシャーを使えばいいのですが、なくなってしまったので、ナットは代用です。

またストッパーだけ切ったのをさらに追加で差し込んで、力の受けを補強しています。


写真上部の結束バンドは、補修とは関係なく、フックの風で飛ばないようにするためのストッパーがジャマなので止めているだけです。


これだけでも十分機能を果たすのですが、樹脂であるので、紫外線でいづれ劣化しするだろうし、見た目も金属の中に、樹脂も目立つので、金属の針金に代えることにします。



針金で補修

ニトリのステンレスハンガーの壊れを針金で補修の手順1
まずはU字に切って、差し込みます

針金はこれまたダイソーの100円ショップにて、アルミの2mm直径を調達。

アルミはサビなくていいのですが、ステンレスに比べると、柔らかく強度が落ちますし、また光沢も落ちますが、手軽に使えるので今回はこれを使います。
→アルミはその後切れてしまったので、サビてもよければスチールか、ステンレスの針金がお勧めです。


ニトリのステンレスハンガーの壊れを針金で補修の手順2
受けを付けます

直接すぐに左右に開くと、開く途中が擦れて切れてしまうのを防ぐために、受けを作ってそこで力を受けるようにします。



ステンレスハンガーの壊れを針金で補修の手順3
受けが重さで下に曲がらないように補強

最後に、作った受けが重さで下に曲がらないように巻き付けて終了です。
切った末端は危なくないように内側に入れ込みます。





スポンサーリンク

まとめ

簡単に補修できる方法を紹介しました。


それでもやっぱり買い替えたい場合は、ニトリはやめておきましょう。

数年前から改良されてピンチと本体のをつなぐリングは巻き数が増えてよくなったのですが、今回のフックの壊れの所は改善されていません。


またいくつかのステンレスハンガーを比較検討していますが、大木製作所のステンレスハンガーが一番良いので、もし購入される場合はおすすめです。


以下の記事を見ていただくと、消去法で数あるメーカーの中で、大木製作所のステンレスハンガーが最良ということが分かります。

ステンレスピンチハンガーおすすめを無印やコストコ、大木、アイリス、パール金属、ニトリの人気の6社で比較
所有や、店舗調査をして実際の違いを解説。一つだけでは分からない、6社を比較して見えてくる購入のポイントをまとめます。購入済みの人は見るとガッカリするので見ないでください。

おすすめの記事

進化した最新で最良の大木製作所のステンレスハンガーの改善点を紹介します。

大木製作所やさしいピンチステンレスハンガーSDLと旧モデルの違い
モデルSLとSDLの4つの改善点を解説。ピンチが握りやすくなったこと、持ち手ハンドルがついたこと、折り畳みが山折りになったこと、滑り止めフックがより滑りにくくなったこと。さらにサイズとピンチ数の違いも既存モデルと比較します。

コメント