スリッパは電気で温かいサンコーのUSBスリッパが他と違う5つの理由

USBあったかヒーター付きスリッパ口コミ寒さ対策

冬が近づくと、
足が冷たくなってくる

寝る時に足が冷たいまま布団に入ると、

いつまでも眠れないわ

湯たんぽや、ゆたぽんを温めるのも面倒

こんな悩みを「USBヒータースリッパ」で解決します。

電源ONですぐに温まるヒータースリッパのレビュー

スポンサーリンク

はじめに

冬に近づくにつれて、足先が冷えてきます。


布団に入ってもすぐに眠れず、足の他の部分で温めたりして。

それでも、1,2時間ほど寝付くのにかかったり。
寝る前にガスファンヒーターでガンガンと温風を当てたり。
(なかなか芯まで温まらない)


また従来の湯たんぽや、電子レンジで温める「ゆたぽん」を使ったりしていました。


そして先日秋葉原のサンコーレアものショップに行ったら、店頭になんと素晴らしい商品を発見。

ヒーター付きスリッパ

スリッパにヒーターがついている!

なんと手を入れると温かい

ヒータなので当たり前だけれど

だけれど感激

こんな商品があったなんてと興奮して、直ぐに買いたい衝動を抑えてまずはAmazonで検索。

検索すると同じような商品が

いくつかあるわ


型落ちの少し安い商品を買って帰りたい気持ちをぐっと押さえて帰宅


よくよく調べると、
モバイルバッテリーが使える商品があったので、後でほしくなったときに、今未対応のモノを買ったら後でほしくなった時に買い替えるといけないので、その可能性を残して少し割高だけれど、こちらのモバイルバッテリー対応「ポケット付き」を購入。


充電池付きのセットもあったのだけれど、Amazonでより高性能で安いのがあり、サイズ的に入りそうなので、今回は本体のみを購入。
いづれ試してみる予定です。

スリッパのバッテリー入り口幅は7.5cm、 横幅で約12cm
今の検討バッテリーはこれ

スポンサーリンク

商品内容と使用感は?

段ボールが到着
「レアモノ」が来たようです。

こだわりの段ボールで到着


商品名は
サンコー モバイルバッテリーポケット付き
USBあったかスリッパ (USB-ACアダプタセット)

中身

そして肝心の中身は
・スリッパ
・スイッチ付きコード
・USBアダプタ


付属のUSBアダプターを見てみましょう。

他社製品でアンペア数が1A程度と小さいので、温まらないレビューがありましたが、これは最大2.1Aと期待できそうです。




いよいよそっと足を入れてみます。

スリッパの深さ
くるぶしが半分隠れる程度の深さ

足を入れると深さは、くるぶしが半分くらい隠れる程度。
欲を言えばハイカットにしてほしかった。

その分脱ぎ、履きしやすいですが。



そして結線。

繋いだところ
配線がちょっと雑然

高まる気持ちを抑えて、冷静にスイッチON
スイッチは足から離れているので押しづらい。
「カチッ」


温度調整は3段階で調整可能です。

温度調整


コードの長さは足を自由に動かせるので十分なのですが、
スイッチはスリッパ寄りに欲しかった。



配線がちょっと雑然としているが、足が温かくなるので問題なし。
それにモバイルバッテリーを使えばこれも解消。


まずは赤いランプの高温でお試し。

さて。






直ぐに暖かくなってきたー。



...というか熱い。


今度は緑にするが、チリッチリッとするので、たまらずスイッチの長押しで電源OFF


ヒーターがどうなっているのか。
洗えるとのことで、ヒーターが外せるようになっています。

さっそく外してみましょう。

取り出してみると、ウレタンのような下地の布1枚を隔てて、すぐにヒーターの線が通っている。

青く引いた線のところが分かりやすい。

これではチリチリするわけなので、中敷きを敷くことにして買ったのかがこれ。

厚地のモノと迷ったが、 「遠赤外線効果」をうたっているこれに。


結果、前回よりはいいけれど、やっぱり熱い。


中敷きは今回3,4mmくらいのだったのですが、厚めの方がいいみたいです。
それともヒーター付きの下地を左右入れ替えて、上下逆使いもいいかも。


でも熱線が下側になると、スリッパ下面の滑り止めの「つぶつぶ」が溶けてしまいそうで試していませんが。



そして今度は一度迷った厚さ7mmを購入。

厚さ7mmの中敷き
今度は一番厚い7mm

先の遠赤外線のものと合わせて約10mm。
これなら問題ないでしょ。


むしろ温かくなるのか?


まず7mmのものを敷く。
そしてその上に遠赤外線を敷いた方が均一に温かさが回りそう。
さあ、再度電源ON!


徐々に温かくなって、程よくすると、


来た来た!
うん、いい感じ。

適度に温かくなって、熱すぎる問題を解決。



さて使ってみた感じが分かったところで、まとめてみましょう。

スポンサーリンク

メリット

なにはともあれ、他の温かグッズ、装置?と比べて、
USBヒータースリッパのメリットを整理してみましょう。

・スイッチですぐに足先が温まる
・電気代も1時間で約0.2円とのことで経済的


エアコンはすぐに温まらないし、ガスファンヒーターはすぐに温まるけれど眠くなるし、ガス代は安くない
湯たんぽはお湯を沸かすし、ゆたぽんも電子レンジで3分くらいかかります。


「頭寒足熱(ずかんそくねつ)」頭は涼しく、足は温かいのがいいといいますが、まさにこれです。

スポンサーリンク

競合品との違い

さらに同じような商品と比べてどこがいいのかも上げてみましょう。
5つあります。


1.モバイルバッテリーが使えるので温まりながら、自由に動ける!
なかには「歩かないでください」という商品もあります。
また両足を一緒に入れるタイプは、あったかそうだけれど、足が動かせないので、血流が悪くなりそう。しびれたりして。なので却下。


2.電源を入れなくてもスリッパ自体の保温効果が高いようです
写真からすると薄そうな生地のものがありますね。


3.「サンコー」は実績がある
販売製造会社のサンコーは、ヒータースリッパだけで、約20種類ほどを販売終了品を含めて作成しているようです。
何かのビジネス系のテレビ番組で、紹介されていたのですが、
自社で発案、直ぐに中国で製造、国内で販売を短いサイクルでしている内容でした。

なので、不具合解消や改良が、いくつかの商品開発の過程でよくなっているはず。


4.店舗があるので実物が見れる
商品の質感や作りがネットだけだと分かりづらい。
店舗があるといい加減なものは売っていないだろうという安心感がありますよね。


5.保証がある
購入から1週間以内なら着払いの交換、6カ月の商品保証

スポンサーリンク

デメリット

やっぱり悪い面もあります。


・熱い
一番低温でも、ずっと電源をつけていられないほど熱くなるで、100均の敷きパットを入れなくては使えないほどです。
安い商品で、温まらないというレビューもあったのでそれに比べたらいいのですが。


・温度調節スイッチがコード先で使いづらい
できればコード手前が楽。


・他のに比べてお値段少し高め
ヒーターが効かないなど、安かろう悪かろうよりは、保険代だと思って購入しました。
より良いものは、それなりのお値段がするものです。

スポンサーリンク

まとめ

買ってまだ冬の始めなので、これから活躍しそうなUSBあったかスリッパ

温度調整を中敷きでうまくしてやれば、手放せなくなりそうなものになりそうです。

ぬっくぬくで、夜冷たい足で布団に入ることがなくなりました。
もちろん冷たくてなかなか寝付けないこともです。

試してみてもいいかも

コメント