パソコン作業が楽になる!歩ける電気スリッパレビュー

電気スリッパ寒さ対策

冬のパソコン作業は足が冷えます。
寝る前の足の冷えはなかなか寝付けませんよね。

でも電気スリッパならこんなお困りも解決。
ストレスなく作業や眠りにつけます。

冷え性で足の冷えに困っている方は、ぜひ参考にしてほしい内容です。

すぐに暖まるおすすめ電気スリッパ

スポンサーリンク

メリット

女性

すぐに暖まって足の冷えから解消されるので、私のように夜にPC作業される人は足が冷えて眠れないことがなくなります。

エアコンだけだと足元がなかなか暖まらないですが、これはじかに足裏を温めるので確実。


有線でも使えますが、付属のバッテリーを使えばコードレスで歩けるので、普通のスリッパのように休日など一日履いていることができます。


初めての電気スリッパなら間違いなく感動モノですね。
メリットをまとめていきましょう!



バッテリー付属で歩ける!
電気スリッパはコードで有線のモノがほとんどなので、バッテリー式の商品はほとんどありません。


温度調整は3段階
「強」にするとその分すぐに切れるので、途中から「弱」にして使うも賢い方法です。

電気スリッパのスイッチ
写真のスイッチは「強」

洗える
スリッパ本体のUSBメスにキャップを差して洗濯可能。
足は汗をかくので洗えるのが衛生的で安心です。


滑り止めの底裏とかかとゴム
つぶつぶで滑り止めで滑りにくく、かかとにはゴムでしっかりと支える仕組み。
この2つでただ足を温めるだけではなく、スリッパとして歩きやすくなっています。

電気スリッパ裏面のつぶつぶ
滑り止めのつぶつぶ

ただフローリングだと音鳴りがするレビューがいくつかあります。

電気スリッパかかとの絞り
かかとの絞りゴム

かかとのゴムは履きやすくなる一方で、手を使わないと履きにくいので、いい面ばかりではありません。

メリットは分かりました、物事には必ずデメリットもあります。
しっかり確かめていきましょう。



スポンサーリンク

デメリット

バッテリーがすぐに切れる

充電容量が2倍超えの予備バッテリー

3段階に調整できますが「強」で1時間半程度です。


これは他の方もレビューで不満が出ています。
なので交換用のバッテリーがあれば、充電切れで冷えることなく快適ですね。

スリッパのポケット寸法に入る容量の多いのを買いました。
バッテリーはだんだん安く性能が良くなっていくので助かりますね。

これは他の電気スリッパで購入したことがあり、性能に問題がなかったのと、寸法と容量でこれより良いものがいまだにないことで、同じものを選びました。

容量は付属の3000mAhに対して、こちらは6800mAhなので2倍以上の時間を使うことができます。


ポケットにもすっぽりと入って、もちろんファスナーも閉まります。
ふだんは閉めては使っていませんが。

参考までにバッテリーポケットサイズは80mm×115mm
奥行きに当たる「マチ」の作りはありません。



サイズ選びが難しい

デメリット女性

サイズは次のようになっています。

22.5~25 Sサイズ
25.5~27.5cm Lサイズ


25cmなのでSサイズを使用していますが、バッテリーを入れた時の違和感があります。
またバッテリーが足の甲の近くになるので、バッテリーが冷えていると温度が伝わってきます。
サイズの境の方は、厚めの靴下をはいてLサイズがよいでしょう。

この辺りも他の方のレビューと通じるところがありますね。
23.5、24cmでもSが小さいと感じてる方もいます。

反対に
24.5~25cmでLでぶかぶか
25.5cmでLで緩い
という方もいます。

これは足の甲の高さにもよるので、サイズとこの点も踏まえてのサイズ選びが必要ですね。



その他のデメリット

ふかふかしているので、歩きやすそうで歩きにくい気がします。
ただ使っているうちに潰れてよくなっていきそうではありますが。



スポンサーリンク

付属品など

スリッパ本体のほかに
バッテリー3000mAh×2
USB2又コード(有線接続の時に)
説明書(1年保証書付き)



USB充電器と充電器からバッテリーへの接続コードは入っていないので、必要なら別に揃えます。

電子機器を長く取り扱ってきた日本のメーカーエレコムなら安心できます。


特に有線で使う方はスマホの充電器のようにUSBの出力が少ないと両方とも暖まりません。
こちらは2A対応なので大丈夫ですね。

マグネットがついているので、パソコンデスクなどに取り付けが簡単です。



スポンサーリンク

まとめ

数少ないモバイルバッテリーで歩ける電気スリッパは、寒さをストレスなく解消してくれる冬の必須アイテムです。

もう私はこれなくして生きていけない体になってしまいました。

特にありがたさを感じるのは寝るとき。
布団に入ってからの「ゆたぽん」なども試しましたが、布団に入ってから温めるのと、入る前から暖かいのでは寝つきの時間が全く違います。


電気スリッパは他の商品ではじめに有線で試していましたが、移動するときにコード外す手間がかかるのと、もちろん離れると暖かくないので買うなら絶対にモバイルバッテリー対応がおすすめですね。


競合品はサンコーの電気スリッパくらいです。
こちらも購入して使っていますが、甲乙はつけがたいですね。
性能はどちらもそれほど変わりません。

それでも一番の判断ポイントは、サンコーはフリーサイズなので足の小さい人は中で足が遊んでしまうので、今回紹介した電気スリッパのSサイズがよいでしょう。

楽天とAmazonどちらもありますが、たまにある不具合の対応がAmazonでよくないので、こちらを購入の時は連絡がしっかりと取れる楽天がおすすめです。

特に甲高の方、男性の方はサンコーの歩ける電気スリッパがおすすめ。
別記事でまとめてあるので参考にしてください。

決めるのなら履き口にゴムがなくてするっと履けて、バッテリーの入っている違和感のないサンコーがよいですね。

電気スリッパは【コードレス】【歩ける】のがおすすめな5つの理由
今までにないヒーター付きのスリッパのレビューです。これで寒い冬も安心。メリットとデメリット、競合商品との違いもキチンと紹介。これで夜すぐに暖かい足で寝付けます。



欲しいものがきっとあります。




おすすめの記事


トイレの寒さを解決。冷えは万病の元、体の抵抗力も下げるのでガマンはよくないですよ。

トイレのヒーターは人感センサー+壁掛けが【超】おすすめな理由
トイレのつらい冬の寒さをヒーターで解消。壁掛けで温風を寒さを感じるところに効率よく当てて、センサーで便利さと電気代を節約。実際の取付方法も写真多数で紹介。ちょっとの労力でトイレがとっても快適です。


部屋干しは強い風のサーキュレーターで回転! これが臭わず最速で乾かすコツです。

部屋干しサーキュレーターおすすめ【意外と知らない】速乾方法
梅雨や冬に洗濯物は乾きづらいですよね。そこで強風サーキュレーターの洗濯物回転で3倍速乾させます。最適な機種は強風、DCモーター、耐久性の点から購入比較レビュー。さらに知られざる回転の速乾効果を紹介。これでもう生乾きや、ニオイのストレスともサヨナラです。


おしゃれな照明は、メーカー選びから始まります。

照明メーカーを把握!【おしゃれ】を約束する13社
照明を選びでおしゃれな照明メーカーがもれなく分かります。ネットで出てこない素敵な照明を、メーカーカタログから掘り起こします。ふだん照明を販売する経験と知識から分かりやすく解説。おしゃれな照明を逃がしません。きっと気になるものがありますよ。


シーリングライトのおはようタイマーで、あさスッキリ目覚められます。

シーリングライトの目覚まし【タイマー】おすすめ機種比較
子供の目覚めを良くするために、おはようタイマー付きのシーリングライトを購入に向けて比較検討。+α効果で朝からしっかり授業にも集中できる!これで朝の起きないママのイライラも解消です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました