IKEAの棚受けが壊れたの直した方法

DIY

イケアの家具はデザインがおしゃれでいいのですが、強度はやっぱり不安が出ますよね。

イケアの家具はデザインがステキ

でも壊れやすいんだよね

イケアの壁につけた棚板と棚受けが壊れたので、買い直すよりは直した方が早いのでその方法を残しておきます。

誰かの参考になれば幸いです。

イケアの棚板が壊れたので直した方法

スポンサーリンク

壊れを発見

ふと気が付くと洗面につけた棚板+棚受けの棚受けの接着が切れていました。
このままではモノが落下して危険です。


すぐに修復が必要なので、まずは外してみます。
棚板を外すのも面倒なので、棚板をつけたまま棚受けを外します。

スポンサーリンク

外して棚受けをよくみてみると

裏を見てみると、ビス(ネジ)で固定してあったのですが、ビスの効きが悪くなっているようです。
ビスの回しすぎによるものかもしれませんね。

ビスの回しすぎに注意

ビスは回せば回しただけきつく締まると思いがちですが、そうではないのです。

付くべき部材がキチンとついた状態でビス締めを止めてあげないと、ビスがもぐりすぎたり、さらに悪いのが、ビスを回し続けることでビス先の刃で木の繊維を壊し続けて、締め付け強度がどんどん弱くなっていきます。
とくに木より金属の場合は程度が激しいですね。

スポンサーリンク

長いビスに差し替え

使われていたビス
使われていた短いビス

ビスを抜いてみると、短い。
多少ビスの頭がもぐるのですが、もう少し長いのが欲しいところ。


ただ長いビスで止めたいのですが、棚板を止めるビスとかち合ってしまうので、限界ぎりぎりの長さで止め直すことにします。

使われたビスと交換のビス
左が元、右が新たに用意したビス

少し長めのビスを用意して止め直します。
ビスの種類は「シャープビス」とか「細ビス」と言われる軸の少し細くて、頭の下にねじ込んだ時に部材にもぐる羽の付いたものを今回は使います。

スポンサーリンク

ビスの固定

クランプで挟んで固定

ビスの固定をする前に、木工用ボンドを入れておきます。
小口(こぐち)と言って木の繊維の断面(年輪の見える面)はボンドが効きにくいのですが、多少なりとも助けてもらいましょう。

はみ出て後で拭き取ればいいので、気持ちたっぷり目に入れておきます。

木を割らないために

この材料はおそらくメープルで、俗に堅木(かたぎ)と言って硬くて割れやすいのですね。
なのでクランプで割れないように挟んでおいてから、ビスを打っていきます。

もしクランプがないのであれば、DIYする人は必須です。
安くてもいいので、いくつか持っておかないと、できることが限られてしまいます。
最低限はFクランプを2本は用意しておきます。
間違ってもはじめにCクランプなど買わないでくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

今回の直しのポイントは


ビスを回しすぎない
割れないようにクランプでビス打ち

の2つでした。

イケアのモノはちょっと手直しができる人にはうってつけなのですが、そうでないと少し厳しいときがありますね。

安くていいのですが、これをDIY経験のない人がするのっ?
というのが割とありますから。


もし家具などで壊れや、弱さ、使いにくさでお困りの方がいればコメントください。
家具内装10年の注文家具の作成経験からアドバイスができるかもしれません。

コメント