ふすま戸が開かないのを直す方法

ふすま戸が開かないDIY

ふすまの戸が一枚だけ渋くて動かないので、直すことにしました。

道具と少しのDIY経験で直せます。
お試しください。


注文家具内装10年の元職人がお伝えします。

スポンサーリンク

鴨居が下がって襖が開かないのを直す方法

4枚ふすまと鴨居

4枚ふすまの1枚がここで動きません。

溝の上の部分を鴨居(かもい)といいますが、この部分が年月とともに下がってきます。
なので動かなくなるのですね。

解決方法は2つ
1.ふすまを外して、ふすまの上を削る
2.鴨居を削る
通常は方法1.です。
なぜなら簡単なので。

楽して邪道な方法をしているわけではなくて、本来の初めてふすまを入れ込むときの方法です。

スポンサーリンク

どこが外しやすいのかを探す

ふすまを外して、ふすまの上を削るので、まずは外さなければいけません。


通常は真ん中が下がってくるので、左右のどちらか外しやすいほうに寄せて、上に押し込んで下から外します。

ポイント

2枚以上外すときは、外す前にどこのふすまだったのか印をつけておくと、後でどの場所にあったものなのか、どの面がどの部屋側か迷わなくて済みます。

左から通し番号を、どちらの面かに決めてマスキングテープに書いて貼っておきましょう。

スポンサーリンク

楔で上げる

楔の使い方
隙間に楔をたたきこむ

動かなくなるくらいなので、そう簡単には外れてくれないものです。

なので楔(くさび)を使います。
「くさびをかう」という言い方をします。
上の写真で金づちの右の三角の木片が楔です。

押し上げるときには棒を使ったりもします。
「ばりをかう」といったります。

ジャッキを使って押し上げるといった方法を紹介している人もいますが、ふすまを外す程度であれば、ここまでしなくても大丈夫です。


写真のように下の溝を敷居(しきい)と言いますが、ここに楔を差し込んで、金づちで打ち込みます。

楔は木材をのこぎりで切って作ります。
ただ木材の端を斜めに切り落とすだけなので簡単ですよね。材料はホームセンターで手に入ります。

材料の厚みが、敷居の溝に入れる巾になるので、狭すぎず、広すぎずで、できれば2,3ミリ狭いくらいが良いですね。

Amazonで楔はあるにはありますが、先端厚みがゼロのモノでない林業用のモノなので使いにくそうですね。
もし試すのならサイズ的にこちらでしょう。


楔は敷居の溝から外れる高さ、ほとんどの場合3mm程度上げれば大丈夫です。

スポンサーリンク

打ち当てでたたきだす

打つあてでたたいて外す
奥へたたいて押し出す

高さが上がったら今度は横にずらして外すのですが、かなり硬くなっているのでそのままでは動きません。

無理に力でふすまを引っ張ると折れるくらい硬いはずなのでやめてくださいね。


どうするかというと写真のように金づちでたたいて、押し出します。
その際に直接ふすまの木枠(桟)をたたくのではなく、棒(打ち当て)を使って、ふすまを傷めないように、かつ力を分散させて外します。


打ち当ては左手でふすまに押し当てておいて、右手で金づちをたたきます。
かなづちは100円ショップのような軽いものだと、今回のような作業は厳しいので、少し重めの金づち、大玄(おおげん)を使います。

軽い金づちは大振りしないと力が出ないので、的を外れたりして危ないです。

先日もつい手元になかったので、小さいのを大振りして指に当ててしまいました。



使うのはこのくらいが良いです。
握るところは樹脂製が滑りにくくて使いやすいです。

※職人さんは握る棒(柄)が木だとサマになるので、金属の頭と木の柄を別に買い、はめて(すげるといいます)使います。
また木の柄は緩んでくると締め直さなくてはいけないので、やはり樹脂製が良いです。

スポンサーリンク

鋸で一部を切り落とす

ふすまの上さんを削る
襖の縦桟を鋸で切り落としておく

襖の上、上端(うわば)を鉋(かんな)で削る前に、木枠の縦(縦桟)を鋸(のこぎり)で落としておきます。


なぜ鋸で落としておくのかというと、鉋で木の繊維の断面を木口(こぐち)といいますが、ここは硬くて削りにくいからです。
分かりやすい例としては「さけるチーズ」
繊維に沿ってはがすのは楽ですが、長さを切るのは力がいりますよね。
一緒です。


5mmは落としましょう。
なぜかというと、敷居の溝深さ3mm+余裕2mmです。

※余談ですが、鋸がサビサビで刃(目といいます)が荒い汚いのは、植木の伐採鋸しか持ってこなかったためです。
本当であれば、鋸目(のこめ)の細かいのが、キレイにきれるので良いですよ。
初めて買うのならこれで間違いはないはずです。


さらにもう一箇所切っていきましょう。

襖の合わせ

写真の赤枠の部分、隣の襖との隙間をふさぐ板です。
開き扉の場合はトンボといいますが、ふすまの場合は名前を知りません。

これがもう余裕なくつかえているので、ここも合わせて鋸で同じように5mm切り落としておきます。

スポンサーリンク

上桟の釘の打ち込み

切り落とした縦桟分5mm、上桟を削っていくのですが、よく見ると上桟の中央部分に2か所釘が打ちこんであります。
うっかり見落とすと鉋の刃をダメにしてしまいます。

襖の上桟にくぎ止め

釘締めを持ってこなかったので、ビスで打ち込みます。
ビスの先を釘の頭につけて、たたいていきます。

ビス先が滑ってやりづらいですが、何とか奥へ入っていきました。
木が古く弱くなっていて助かりました。
やはり本当であれば、釘締めの短いほうでたたき込むと楽です。

持つならこちらですね。
長年愛用しています。
ほとんど短い頭を使います。
また柄にプラがないのを使ったことがありますが、冬に冷たくてプラの良さが分かりました。
また柄が太いとその分しっかり保持できるもが本来の良い点です。


釘を鉋で削り落とす分より余裕をもって深く打ち込んでおきます。

スポンサーリンク

鉋で削る

そして鉋(かんな)で削っていきます。

角は斜めに落としておきましょう。
面(めん)を取るといいます。


この作業は鉋の削った面が見えないので、安い鉋で大丈夫です。
自分はいくつも鉋を持っているので、ガリガリ削る現場用の荒鉋での作業です。

鉋のおすすめは難しいですね。
・替刃式
・ダイヤル調整
・下面の狂いのないモノ
・ある程度の大きさ
こんな条件を満たすものがあれば、ぜひおすすめしたいのですが、ごく小さいものしかなく、手ごろなサイズがまだないようなので、ダイヤル式と下面の狂いのないモノの条件をあきらめてこのあたりでしょうか。

替刃式ではありますが、これでも鉋を初めて使うには誰かに教わらないと難しいです。
教わることができないのなら、せめてYouTubeでも。


やっぱり鉋はちょっとという方は
これがおすすめです。
以前に職場の先輩から譲り受けたのですが、目詰まりなしくて、早く削れます。

スポンサーリンク

まとめ

手順を書き出してみましょう。
1.ふすまの外しやすい場所を探す
2.楔でふすまを押し上げる
3.ふすまを敷居から押し出す
4.ふすまの一部を鋸で切り落とす
5.釘を深く打ち込む
6.鉋で削る

鉋削りは削りカスがでて散らばるので、事前にゴミ袋と、掃除機を用意しておくと後が楽です。



でもやっぱりお願いするのなら、まずは比較見積もりですね。


おすすめの記事

建具の立て付けが悪くなっていませんか?実は直すの襖よりもっと簡単です。

ドアが引っかかって開きづらいのを【自己解決】
扉の立て付けが悪くて開きづらい、締まりづらい。でもこの程度なら道具はドライバーとハサミで簡単に直せます。

コメント