-実践-クロス壁についたサビ付き画びょうの穴埋め方法

スポンサーリンク
クロスの画鋲の錆付き穴埋め DIY

簡単!壁についた画びょうのサビを落とし穴を埋める方法

みなさん壁のクロスに画びょうやピンで、
写真や絵など刺しておいたのを抜いたらサビていた経験はありませんか?

穴もそうですが、サビも汚らしいですよね。

管理人が先日試した方法がうまくいったのでご報告します。
いくつかの情報を参考に段階的にサビを落としていきました。
簡単に作業ができるので是非お勧めです。



作業した順に説明していきます。

スポンサーリンク

1.重曹でこそぎ落とす

重曹と歯ブラシ
重曹と使い古した歯ブラシ

まずは手軽な重曹で、くっついているサビを物理的に削って落とします。
使い古しの歯ブラシを使って水と重曹でペースト状に。



水で溶いた重曹
水で溶いた重曹

硬さは一番歯ブラシとなじんで、歯ブラシとクロス面の間でペーストが程よく動いてくれそうな硬さです。
別な言い方だと耳たぶくらいの硬さでしょうか。


重曹でさびを落としたクロス壁
重曹でサビを落としたクロス壁

クロスに凹凸があるので、上下左右、円を描くように全方向から、毛先を押し付けるようにこすり落とします。 上の写真が重曹で落とした画像です。



2.酸素系漂白剤で色を分解

酸素系漂白剤
酸素系漂白剤

そして今度は化学の力で色を落とします。
漂白剤は一般的なスーパー西友のを使いました。

あまり強力なものだと、クロスの色を落とすかもしれません。
まずは目立たないところで試すのがよいです。



酸素系漂白剤で落としたクロス壁
酸素系漂白剤を使って30分後

重曹で落とした上からそのまま洗った歯ブラシでコシコシします。
30分ほど置くと、色が落ちてきています。



3.歯磨き粉で埋める

クリニカ
歯磨き粉

空いた穴を埋めます。また落ちきれなかったサビを上から塗って隠します。


どんな歯磨き粉がいいかというと、クロスが白いので色が白だけのものが良いです。
もちろん青い研磨剤などが入っていないもの。


指の腹で押し込むと指の油が付くのと、盛る場所を定めにくいので爪の面で押し込むようにします。


盛っても乾くと痩せていくので、翌日しっかり乾いてからまた盛りなおします。
乾かないうちに盛ろうとすると先に盛ったところが崩れてしまうので、焦らずです。

さびの色の抜けないところは薄く塗る感じで。


さび落とし後のクロス壁
さび落とし穴埋め後のクロス壁

結果が上の写真です。
マスキングテープで囲っておけばよかったのですが、管理人本人でもよく見ないとどこだか分からなくなってしまいました。




これだと分かりずらいので拡大してみます。

壁の穴補修の前後で比較
壁の穴補修の前後で比較

補修後のピントがずれて恥ずかしいのですが、場所は分かっていただけるはずです。

コメント